2017年11月10日

NHK杯 女子SP

メドベデワ強し。
ダブルアクセルでほんのちょっと着氷が乱れた所為で79.99。『あと0.01位出して』と言いたくなる点数だ(^^;)
2位にコストナー。難度の低さを演技構成点でカバーで安定の70点半ば。
3位がグランプリシリーズデビューのツルスカヤでここまでが70点台だった。
4位には本郷がつけた。ルッツでアンダーローテーションとアテンションがついた。これがクリーンになれば70点を超えることが出来るのに。
怪我から復帰の宮原は、本郷と僅差だが6位スタートとなった。こちらもルッツがアンダーローテーションになっている。さらにコンビネーションジャンプのセカンドがダブルになってしまったのが痛かった。さすがに11ヶ月ぶりの試合では、『安定・安心の宮原さん』とは行かなかった。
グランプリシリーズデビューの白岩は、ジャンプのミスが重なって8位と出遅れてしまった。ただ、白岩はフリーが得意なので、巻き返しは十分に考えられる。
長洲未来はSPからトリプルアクセルに挑んできた。両足着氷となってGOEがマイナスになったために成功とはならなかったが、回転は認められた。ただ、それ以外のジャンプがアンダーローテーションになってしまって、点数が伸びないのは本当にもったいない。
posted by お千代 at 23:12| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

NHK杯 男子SP

今大会の一番の目玉である羽生が昨日の練習での転倒で負傷し、欠場することになった。
このニュースが飛び込んできたのはBSでの事前番組が始まる直前のことだった。本当にギリギリまで出場する事を検討していたことと思う。
棄権すれば自動的にファイナルの出場もなくなる。しかし今シーズンの一番大事な試合はNHK杯でもなければ、ファイナルでもない。無理をしなくて良い、というよりしてはいけない試合だ。今回の決断は正しいと思う。

とはいえ、やはりいる人がいない試合は寂しい。
去年の全日本もそうだったが、いないことでより存在感が増している様な・・・。
そんな中で先陣を切った日本男子2人は見事だった。
第1滑走佐藤、第2滑走友野と全てのジャンプを決めて、グランプリシリーズデビュー戦にして大幅にパーソナルベストを更新した。特に友野は村上大介の欠場によって急遽出場することになったのだが、本当によくやった。
首位に立ったのはヴォロノフ、2位がビチェンコと出場選手中最年長と2番手が並ぶとは予想外(^^;)
どちらも良い演技だったことは間違いない。ビチェンコはもうちょっと点が出ても良かったような気さえする。
ヴォロノフが90点台で6位の友野が70点台と書くと差があるように見える。しかし実際は、何とか90点台に乗せたのと、わずかに80点に届かなかった、なので実際は10点ぐらいしか離れていない。フリーで大きく順位が変動することは十分に考えられる。友野も10位スタートとなった佐藤にも表彰台の可能性はある。
posted by お千代 at 22:46| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

復活の味

近所のスーパーに岩泉ヨーグルトが入荷していた。
我が家の常備品ではないが、去年の台風被害から1年経っての復活は喜ばしい。
値段が上がった、と思ったら以前にはなかった2キロ入りだった(^^;)
ちゃんと1キロ入りもあって、お値段は多分変わっていない。
無糖タイプの1キロを購入して、早速食べた。
濃厚な味で美味しい。本当に復活してくれて良かった。


にほんブログ村 日記ブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 15:56| 宮城 ☁| Comment(0) | 徒然 | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

大改革?

箱根駅伝100回記念大会から全国化検討、その背景

関東の学校だけで行っている箱根駅伝を全国の学校が参加できるようにする案が上がっているらしい。
それも記念大会だけのオープン参加ではなく、正式な参加。
これが実現すれば、有力な選手が関東に集まりすぎることが減って、出雲駅伝や全日本駅伝も上位の顔ぶれが変わって面白さが増す・・・様になるかもしれない。そうなるには結構な年月が必要だろうけど。
箱根自体門戸を開くのは7年後の予定だし・・・。
ただ、本当に大変なのは、箱根駅伝本戦より予選会の様な気がする。予選会に出るための地方予選をやるなんてことになったりして(^^;)
ラベル:箱根駅伝
posted by お千代 at 13:05| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

冬が来る前に

立冬は明日。
ということで、秋のうちに冬タイヤへの交換を終えた。
私史上最速だ(^^;)
ニューデミオくんは旧デミオくんより荷室が小さい。だから覚悟はしていたけど荷室にタイヤが2本しか入らない。
しかも荷室の構造上、旧デミオくんの様に下からズリ揚げて乗せることが出来ず、持ち上げて上から下ろさなくてはいけない。2本だけとはいえ、これが結構大変だった。
そして残りの2本は後部座席に置くしかない。
『寄る年波には勝てぬ』と言い訳する根性なしなので、今回からタイヤ保管サービスを利用することにした。
有料で財布には痛いが、腰を痛めるよりマシ(^^;)


にほんブログ村 日記ブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!

posted by お千代 at 17:03| 宮城 | Comment(0) | 徒然 | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

中国杯 男女フリー

4点差に7人がひしめき合っていた女子はすごいとしか言いようのない戦いになった。
一番大きなミスはデールマンのお手つき。抜けたのは本田の1回だけというノーミス合戦となった。
そんな戦いを制したのはザギトワ。トリプルアクセル抜きでは最強構成をアンダーローテーション1つにまとめきった。
ザギトワに逆転されてしまったが、樋口の演技はすごかった。おそらく彼女の代表作となるだろうプログラムは圧巻だった。日本勢3人の中では一番強い気持ちで臨んでいたように思う。2位となってファイナルの可能性を大きくした。
三原は技術点ではザギトワに次いでいたが、演技構成点がちょっと伸びなかった。前半グループだったことが影響したかも知れない。追い上げたが4位。3位のラジオノワとの差は1点無かった。ファイナルのことを考えるとこの差は大きなものになってしまった。次戦で最低でも2位、出来れば優勝したいところだが、ザギトワ、オズモンド、ソツコワが一緒なので厳しい。
本田は抜けたジャンプを最後にリカバリーできたのが良かった。こちらも追い上げて5位。2戦終了で今回のスコアが代表選考用のシーズンベストとなる。
それにしても200点を超えて表彰台に届かないとは、グランプリシリーズとは思えないハイレベルな試合だった。

女子が神大会になるとえてして男子はグダりがちになるものだが、ここまで酷くならなくても良いだろうと言いたくなるほどだった。
抜ける、転ける、ODAるのオンパレード。
中でも衝撃的だったのがフェルナンデスだった。冒頭から抜けるととにかく抜けまくり。予定通り跳んで加点が付いたのは2つだけという大遭難だった。当然点数は伸びない。表彰台を逃すだけに留まらず6位という2戦目に優勝してもファイナルにいけない所まで下がってしまった。パトリック・チャンがNHK杯を欠場することになってこちらもファイナルには出られない。世界選手権の6強のうち1/3がファイナルにいなくなる事態になるとは思っていなかった。
逆に優勝でファイナル一番乗りを決めたのはコリヤダ。とはいえミスが多かった。上位陣がコリヤダ以上にミスしたこととSPの貯金で逃げ切った。
2位はボーヤン・ジン。こちらのフリーは5位ながらSPの貯金が活きた。
上位陣総崩れの中にあって、ただ一人複数の4回転入りのプログラムを大きなミス無く滑ったマックス・アーロンがフリー1位で表彰台を掴んだ。
田中刑事のこの悪い流れに乗ってしまい、ミスを連発して、順位を7位まで下げてしまった。SPは良かったものの代表選考に向けたアピールとしては不発ということになってしまった。
posted by お千代 at 16:05| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

中国杯 男女SP

テレ朝は先週のスケカナを『女子の最激戦区』と煽っていたが、この中国杯こそが『死の組』だと思う。
スケ連は何考えているのか、と言われて然る三原、樋口、本田のトリプルブッキングに加えて実績十分のデールマン、トゥクタミシェワ、ラジオノワ、それに基礎点お化けのザギトワととんでもない面子だ。
そしてこの7人が団子状態に・・・(^^;)
ミスともいえない小さなミスが点数を下げ、順位を下げる。
これで一番割を食ったのは三原だった。アンダーローテーションを取られて点が伸びなかった。得点は本田と同じだったが、SPは技術点の高い方が上と決まっているため、7位となった。フリーが前半グループになってしまったのは、ちょっと痛い。
後半グループに滑り込めた本田は1週間でよく立て直したと思う。ジャンプの難度を落としたとはいえ、そんなにしっかり練習する時間は少なかっただろうに。
樋口はスピン、ステップの取りこぼしがもったいなかった。ただ、今季2度目の70点超えはお見事。
デールマン、樋口、ラジオノワのトップ3人は0.2弱の差の中にひしめいている。7位の三原もトップとは4点ほどしか離れていない。誰が勝ってもおかしくないしびれる戦いをゴールデンで放送しないのはもったいない。・・・日本シリーズに押し出されるのは仕方ないけど(^^;)

男子は何と言ってもコリヤダ。
4回転ルッツを軽々と決めてノーミスの演技をし、史上6人目の100点超えを果たした。正直、ボーヤンより先に100点クラブに入会する人が出るとは思っていなかった(^^;)
優勝候補筆頭と目されていたフェルナンデスはコンビネーションジャンプが両方とも抜けたのに加えて、トリプルアクセルも出来が今ひとつ。演技構成点の高さで90点に乗せ3位に留まったが、全体的にジャンプの軸がぶれているのが気になる。
ボーヤンもお手つきがあって点が伸びなかった。
そんな中、ロシア杯を棄権した田中がパーソナルベストを大きく更新しての4位スタートは素晴らしい。4回転を1本減らした構成にしたのは正解だった。この調子をフリーでも維持できれば、五輪代表も近くなる。

posted by お千代 at 16:04| 宮城 ☔| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

舐めていた

仙台で羽生結弦の写真展 初日開始前は500人が列

今日から始まった写真展。
開始前に行列が駅の外まで出来ていて、すごいことになっていたらしい。
第2会場の仙台縁日も然り。
まさかこんなに人出があるとは思わなかった。
天気も良いし暖かいし、で行ってみようかと思ったのだけど止めて良かった(^^;)
メモリアルブックが売り切れることだけが心配だけど、Twitter 情報に寄れば『会期中になくならないようにはしている』らしい。この情報を信じて、平日に行こう。
・・・それでも用心して早めの方が良いかも(^^;)


にほんブログ村 日記ブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 22:19| 宮城 ☀| Comment(0) | 徒然 | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

壮大な話

映像化の歴史がまた1ページ 「銀河英雄伝説」3部作で実写映像化!

実写化すると言うだけでもビックリだが、中国の会社というのにも驚き。
壮大な計画であろう事だけは分かる。
ただ、3部作で足りるのかと・・・(^^;)
どの部分をどう切り出すのか知らないが、キャストが凄いことになりそう・・・人数的に。
アニメは『銀河声優伝説』とも言われたけど、『銀河俳優伝説』になるかも。
で、1作目の公開は2020年。やっぱり壮大だ(^^;)


にほんブログ村 日記ブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 15:31| 宮城 ☁| Comment(0) | 徒然 | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

気がつけば

今年ももう2ヶ月しか残っていない。時が経つのは早い。

年賀はがき販売開始 イベントに嵐・相葉さんら

年々発行数が減っているらしいが、確かに我が家も減っている。
そして今年は去年より減らす事になっている。
父の出す分が減っているのが一番大きな理由だが、年齢考えたら仕方ない(^^;)
毎年友人の旦那の売り上げに協力しているのだが、その意味での戦力ダウンになるだけが申し訳ない。


にほんブログ村 日記ブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 15:39| 宮城 ☁| Comment(0) | 徒然 | 更新情報をチェックする