2008年01月03日

シード争いの意外な結末

箱根駅伝復路。
総合優勝を勝ち取ったのは、駒澤大学。区間賞は8区の深津一人しか取れなかったものの、ほとんどの選手が区間上位という抜群の安定感を見せ、最後は独走状態になった。
往路優勝を果たした早稲田は、合計3人が区間賞を取ったけど、9区で駒沢にかわされて2位に終わってしまった。
やはり箱根は、実力があってコンディションの良い選手を10人そろえることが出来ないと勝てない。

昨日の順天堂に続いて今日は、9区で大東文化大が脱水症状を起こして途中棄権ということになってしまった。
何度も止まり、歩き出し、走り始める。そして、無意識に襷を握りしめる。個人競技ならとっくに棄権している状態でも、何とか中継点にたどり着こうとするその姿勢には本当に頭が下がる思いだ。

さらに優勝候補にあげられていた東海大まで10区で棄権。こちらは、足の怪我が原因だったが、シード圏内を走っていただけに残念だった。
この棄権の直前、東洋大は日大に抜かれて11位に転落したのだが、東海が棄権したことによって10位に繰り上がってシード権を確保することとなった。棚ぼた、と言ってしまうとそれまでだけど、運も実力の内だろう。
こうなると、学連選抜が4位と大健闘したのは、非常に大きい。順天堂、大東文化、東海が予選会に回ってくるので、勝ち上がりが1枠多くなるのはありがたい事だと思う。それでも厳しいことに変わりは無いけど・・・。

今年の箱根駅伝は、優勝こそ本命に落ち着いたけど、内容といい結果といいまさに『戦国駅伝』だった。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!



posted by お千代 at 18:33
"シード争いの意外な結末"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]