2014年02月12日

大本命の二人

夕べはハーフパイプの予選だけを見た。
平野、平岡の2選手が決勝に進出したことを喜ぶとともに、ショーン・ホワイトはさすがだな、と思った。
そして今朝。起きてすぐスマホでニュースチェック。平野が銀メダル、平岡銅という見出しを見て、『さすがにショーン・ホワイトには勝てなかったか』と思ったら・・・。
優勝したのはポドラドチコフ。3連覇を狙っていたショーン・ホワイトはまさかのメダル無し。本当に驚いた。
さらに同時刻に行われていた女子ジャンプで、金メダルの有力候補に挙げられていた高梨沙羅が4位とメダルを逃してしまっていた。今季のW杯で表彰台を逃したことあったか? これにも本当にビックリした。
奇しくも大本命といわれていた2人の選手が共に沈んだことになる。
本当に『オリンピックの魔物』はしっかりと存在し、どんな選手にもとりつくものだと改めて思った。




にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 21:51
"大本命の二人"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]