2006年02月24日

女神のキスを受けたのは

荒川静香がアジアの選手としては初めて、フィギュアスケートの金メダル獲得という偉業を達成した。と、同時に今オリンピック日本の『メダル無し』の危機を救う快挙でもあった。

今日も早起きして生中継を観たのだが、時間を読み違えることなくちゃんと観ることが出来た(それでも第3グループの途中からだけど^^;)

日本選手のトップを切ったのは、安藤。
公言していたとおりに4回転に挑戦するも転倒。しかも回転が足りていないよう。
また、4回転の事ばかり気にしていたのか、後半にスタミナ切れを起こしてメタメタに。ミスの度に称賛ではなく激励の拍手が起こり、解説の佐藤由香からは珍しい厳しい言葉が発せられた。
さらに言えば、『蝶々夫人』も安藤には似合わない。『マイ・ファニー・バレンタイン』ほどじゃないけど・・・。
結局大きく順位を下げてしまい、15位。

SPでトップに立ったコーエンは、最初のジャンプでいきなり転倒。さらにもう一度ジャンプで転倒。荒川やスルツカヤに先駆けて滑走することがプレッシャーになっていたのか。
ただ、安藤のように大崩せず、踏みとどまったのはさすがに経験のなせる技かもしれない。

次が荒川。
滑る前はテレビに向かって『コーエンにつきあって転んだりしないように』なんて、言ってみたけど、いざ始まってしまえばその演技に引き込まれた。
3回転が2回転になったりしたけど、SPでぐらついた手放しのY字スパイラルもかっちり決め、こだわりのイナバウアーも見事というほか無い。
スタンディング・オベーションが起きたのも納得できる演技だった。

村主もいつものように情感たっぷりの魅せる演技をしたけど、如何せん技術点の積み上げが上位3人に比べると出来なかった。そして、それに引きずられるようにファイブ・コンポーネントも低く、順位を上げることは出来なかった。荒川の直後という滑走順もちょっとは影響あったかも・・・。それでも2大会連続の入賞は素晴らしいと思う。

最終滑走のスルツカヤもプレッシャーに飲み込まれてしまった。
滑り出しから今までのような迫力が感じられず、『これはいけるかも』と思っていたら、ジャンプで転倒。この人が転ぶのを見たのは、もしかして初めてだったかもしれない。
この転倒でロシアの金メダル独占は潰えてしまった。

SPで1点未満の僅差は、最終的に大差になって終わった。
「トリノオリンピックの女神は、荒川静香にキスをしました」
NHKの刈屋アナは、アテネに続いて名言を残した。
本当に生中継を観て良かった・・・。



荒川が金メダル獲得!おめでとう!! - スポーツ

にほんブログ村 スポーツブログへ
posted by お千代 at 13:55
"女神のキスを受けたのは"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]