2009年01月03日

まさに戦国駅伝

復路は往路の様な記録ラッシュは無かった。が、順位変動が大きく、目の離せない展開だった。
復路優勝、そして総合優勝を果たした東洋大は、どの選手も冷静で強かだった。そして、予想を上回る結果を出して初の栄冠を手に入れた。
優勝を争った早稲田は、東洋大の術中に填った感じだった。
そして、前日出遅れてしまった駒沢、東海、順天堂といったところが、シード争いに加わることなく終わってしまったことにも驚いた。こうした有力校ですら、ひとつ歯車がかみ合わなくなると、負の連鎖に飲み込まれて浮上出来なくなるというのは、各校の実力差が小さくなってきたことの現れだろう。学連選抜が10位以内に入ったし、繰り上げも結局8区で棄権した城西の1校だったし・・・。
その唯一繰り上げ用襷で走った城西の9区の伊藤くん、誰よりも早いタイムで走ったのに公式記録からは除外。幻の区間賞となってしまった。学校の記録は無くなっても、個人記録は認めてくれれば良いのに・・・。

にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:23
"まさに戦国駅伝"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]