2016年11月21日

中国杯 男女フリー

録画していたのを今日になって観た(^^;)
結果は知っていたけど、三原は惜しかった。前半は本当に勢いもあって良い出来だった。そのまま突っ走るかとも思えたのに、2本目のルッツが抜けてしまった。大きなミスはこれぐらいだったが、致命的だった。これが3回転になっていれば表彰台に乗れていたし、ファイナルの可能性も残った。本当にもったいない。
本郷はスケートカナダの時より良かったが、またいくつかアンダーローテーションを取られてしまい、思ったより点が伸びず1つ順位を上げるに留まった。

男子は男子で凄い試合だった。ボーヤン・ジンが転倒1つの良い演技をすれば、直後のパトリック・チャンも1転倒に止めた良い演技で返した。両者の技術点はほぼ同じ。演技構成点の差でパトリック・チャンが大逆転した。技術点が同じぐらいといっても、4回転の数はボーヤンの方が1本多い。そのルッツ以外は、トウループ2回にサルコウ1回と両者同じ。トリプルアクセルの数も同じ。その基礎点の差を埋める出来栄え(GOE)は大事だ。
ただ、この結果を受けてボーヤン・ジンがファイナルに出場出来る可能性は絶望的になった。反面、NHK杯組のファイナル進出の確率が上がった。痛し痒しだ。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 21:43| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

全日本ジュニア選手権 女子フリー

日本のジュニア女子の層の厚さを再確認した大会だった。
ジュニアグランプリファイナルに出場する本田、坂本、紀平の『3強』の戦い、というより本田、紀平の同門による頂上決戦のような煽りがされていたが、実際ふたを開けてみれば・・・。
今季ずっと安定した成績を取っていた坂本が優勝。国内大会は何故か勝てない本田は3位。間に割って入ったのは、白岩だった。今季は怪我があってこれまであまり良い成績を出せなかったが、よくこの大会に合わせて来た。SP3位、フリー1位の堂々たる復活劇だった。
反対に『3強』の一角であった紀平は、2度の転倒もありSP4位から11位と大きく順位を下げてしまった。ファイナルに出られる選手でもミスが多いと2桁順位になってしまう。その反面、グランプリへの派遣もなく、西日本選手権で2桁順位だった選手がトップ6に食い込んできている。全日本ジュニアは本当に熾烈な大会だ。
そしてシニアの全日本選手権への推薦は、男女とも1位から6位までの6名ということになった。つまり紀平は全日本選手権には出られない。世界ジュニア選手権の選考基準に『全日本選手権への参加は必須』となっているので自動的に世界ジュニア選手権にも出られないことになる。残念だが仕方ない。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 22:40| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

中国杯 男女SP

テレ朝的に面子が物足りないのか、深夜に追いやられてしまった地上波放送。
開始時間まで起きている根性も、開始時間に合わせて起きる根性もなかったのでサクッと録画した。・・・録画中継を録画してみるという二重のタイムログがあって、ネットでも新聞でも結果は確認済み(^^;)

三原が会心の演技で3位発進。パーソナルベストも更新した。最後の最後に3回転フリップを跳ぶスリリングな構成だが、綺麗に決まった時はプログラム全体の印象もグッと良くなる。といっても、点数には関係ないと思うが(^^;)
本当に良い出来だった。ファイナル進出のためには、順位を上げたいところだがどうなるか。
本郷も良い演技をしたと思う。が、コンビネーションジャンプでの回転不足がいたかった。もったいない。ただ、6位とはいえ、3位の三原との差は5点弱だし、トップのオズモンドとの差も8.5程。厳しいけど、ひっくり返せない程ではない。巻き返しに期待したい。

男子は残念ながら日本勢の出場がない。・・・これも深夜になった理由の1つかと。
そしてボーヤン・ジンが凄かった。4回転ルッツを始めとしてジャンプを全部成功させ、ノリノリでの演技は見ていて楽しかった。ただ一人ノーミスの演技をしたが、100点はおろかパーソナルベストにも届かなかったのは残念だ。
2位にはサモヒン、そして僅差でパトリック・チャンという結果になったが、この二人に限らず、ジャンプは転倒するより抜けるのが痛いといういうことが如実に分かる展開だった。特にSPはノーカンになる可能性があるから怖い。
ボーヤンがぶっちぎりのトップにいるが、このまま逃げ切るか大逆転となるか。

しかしこの放送は、煽りも冒頭にちょっと入れただけだった。TESカウンターが表示されていて、技術的な説明も多めだった。こういう放送こそ、ゴールデンタイムでやって欲しい。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 16:40| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

フランス杯 男女フリー

アダム・リッポンがとても素晴らしい演技をした。4回転は1本だけだったが、そんなことが気にならない素晴らしさ。パーソナルベスト更新も納得。
無良は4回転サルコウを回避したが、良い演技だった。最後のルッツの転倒だけが惜しかった。
4回転を4本予定していたネイサン・チェンは、ルッツとフリップに成功して、サルコウとトウループで転倒。そして、再度4回転トウループを跳ぶという驚きのリカバリーを見せた。元々2度予定しているジャンプが3回転トウループだけにしているからこそ出来ることだ。ただ、このチャレンジは手をついてしまって失敗となった。結果、点が伸びず表彰台を逃すことになってしまったが、今後が本当に楽しみだ。
フェルナンデスは2週連続の出場でさすがに疲れが出ていた。ロシアの時ほどスピードがなかった。転倒もあったが、まとめてきて2連勝でファイナル進出を決めた。

女子は樋口が追い上げで3位に入った。ルッツが1つ抜けてしまったが、最後までスピードに乗った良い演技だった。この抜けがなかったら130点台に乗せていた。
実況が樋口をグランプリシリーズ出場選手中最年少と紹介していた。ということは、初めてにして唯一の21世紀生まれのグランプリ参戦者?(^^;)
永井も順位を上げることが出来た。
対照的だったのが浅田。ジャンプがことごとく2回転になってしまった。跳べた3回転も回転不足にお手つきと散々な内容だった。よほど膝の状態が悪いようだ。
実況は昨日も今日も浅田の得点を『抑えられた』と表現したが、とんでもない。特に今日はむしろよく出た方だと思う。言葉遣いには気をつけて貰いたい。
メドベデワも珍しく転倒があった。それでも140点を出す強さ。文句なしの2連勝だ。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:26| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

フランス杯 男女SP

男子は何と言ってもネイサン・チェンが衝撃的だった。4回転ルッツに4回転フリップを綺麗に決めた。この2つを両立させたことに度肝を抜かれたのだが、最後のジャンプがダブルアクセルだったことにまた驚いた。しかもトリプルのつもりが抜けたのではなく、最初からダブルにしたようにも見えた(^^;) 前半が衝撃的すぎた分、拍子抜けしてしまった。トリプルアクセルだったら、4回転トウループを転倒したフェルナンデスの上に行けただろうに、もったいない。
フェルナンデスとの差は4点ほど。フリーでの4種4回の4回転でどれだけの点数を出せるのかものすごく興味がある。・・・フェルナンデスがロシア杯の時の様な演技をされたら勝ち目はないだろうけど。
無良は4回転トウループの転倒が響いて、点が伸びず6位スタートとなった。スケートカナダで負った捻挫がまだ治りきっていないかもしれない。


女子も日本勢は苦戦した。グランプリシリーズデビューの樋口の5位が最上位。
樋口は単独ジャンプがダブルに抜けて0点になってしまったのが痛かった。3回転が跳べていたら、70点台に乗っていたと思われる。ただ、3位との差は4点弱。十分表彰台は射程距離にある。
浅田は大きなミスは無かったが、勢いもなかった。無難にまとめたという感じ。直前に滑ったデールマンが凄いスピードで豪快な演技をしたものだから余計目立ってしまった。順位は8位と出遅れたが、点数を見ればそこまで悪くない。ただ、今日の演技を見る限りフリーで大きく追い上げることはないように思う。
永井はカナダの時のSPより演技内容も点数も良かったが、12位と順位は振るわなかった。
それにしてもメドベデワは強い(^^;)


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 22:56| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

ロシア杯 男女フリー

男子はフェルナンデスが見事な逆転優勝を果たした。
4回転サルコウのコンビネーションで手をついた以外は大きなミス無くまとめた。この時期にこれだけのことが出来るのは、高難度とはいえジャンプ構成は去年のままで、得意な曲調を選んだことも関係しているだろう。完成度を高めて安定した演技を目指すという守りの戦略は、まずは成功している。これが今シーズンずっと、あるいはオリンピックまで続くか否かは、リスクを取って構成を上げる攻めの戦略を選んだ他の選手たち次第。
その中の一人である宇野は今回跳ね返された。4回転トウループでの転倒とトリプルアクセルの着氷が乱れたことでコンビネーションジャンプが1つしか入らなかった。その後の単独ジャンプでリカバリー出来そうな感じだったがしなかった。ちょっともったいないと思った。ただ、2位になったことでファイナル進出1番乗りを決めた。
田中は4回転こそ決めることは出来なかったが、それ以外はきっちりまとめて順位を7位まで上げた。フリーの順位だけなら5位。返す返すもSPの出遅れが痛かった。


女子は、『地上波放送あるある』が起きた。つまりSPの放送をカットされた選手がフリーでまくって表彰台に上がった。
今回はコートニー・ヒックスが6位から3位に上がった。ヒックスが良い演技をしたのは当然としても、リプニツカヤが演技中断のアクシデントがあって最下位に沈むとは、予想だにしないことだった。中断して、ジャンプもスピンも満足に出来ない状態でも最後まで演技し、泣くのを堪えて点数を見つめていたリプニツカヤは強い人だと思う。
松田は大きなミス無く演技してパーソナルベストをだし、順位も1つ上げた。反対に村上はジャンプのミスが相次いで順位を1つ下げた。同門で明暗が分かれる事になったが、村上はこの先もこのままになってしまう様な気がする・・・。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 22:15| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

ロシア杯 男女SP

男子は宇野がパーソナルベストを大きく更新して、首位発進した。
4回転フリップで手をついて、コンビネーションジャンプはステップアウトした。これで98点は少し出過ぎな気もするが、4回転2本の威力は大きい。
フェルナンデスはサルコウが3回転になってしまった分、宇野に差をつけられた。持ち越しプログラムとはいえ、試合でSPを滑るのが3回目の宇野と1回目の差もあるように思う。・・・しかし、何故に黒1色のシンプルな衣装に替えてしまったのか。
田中はジャンプのミスが響いて10位と出遅れた。フリーでどこまで巻き返せるか。


女子はロシア勢の強さが光った。1位から3位までを独占した。
4位に付けたトゥルシンバエワもロシア系だし・・・。
3位と4位の差が5点あるが、このままロシア勢が表彰台を独占できるかは分からない。リプニツカヤはまだ完全に調子を取り戻していないようだし怪我明け。ポゴリラヤも崩れる時はとことん駄目になる。
ただ、その場合でも日本勢が表彰台に上がれる可能性は低いと思う。
松田は60点台に乗ったが、7位。グランプリシリーズデビューであることを考えれば上出来だ。
村上は10位。スケートアメリカの時よりは良い感じになっていたが、アンダーローテーションを2つ取られたのが大きかった。それ以上にインタビューで『これが今の精一杯』と言ったのが、競技を半分ぐらい諦めているように感じられたのが気になった。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!

posted by お千代 at 22:40| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

スケートカナダ 男子フリー

羽生がSP4位から追い上げを見せて2位になった。この結果もやはり通常運転(^^;)
グランプリシリーズ初戦で2位なのは何と5年連続。ただ、フリーでは1位だったのは、初めてだったと思う。
4回転ループはダウングレードの転倒、サルコウのコンビネーションは抜け、とSP同様のミスはあったが、祖霊がいをしっかりまとめた。最後の最後にちょっとよろけたのはご愛嬌(^^;)
パーソナルベストにはほど遠い点数ではあったが、6分間練習や名前をコールされる前のルーティンを変えて結果を出したことで、苦手といっていた2番滑走の嫌なイメージを払拭できたのではないだろうか。・・・演技直前に4回転トウループを跳ぼうと思うこと自体常人離れした発想だと思う(^^;)
無良は6分間練習で足を捻挫したとか。それでも4回転3本を予定通りに挑んだ。が、裏目に出てしまった。回転不足やステップアウトが多く点数が伸びなかった。結果8位と大きく順位を下げてしまった。これでファイナルの目がなくなった。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:44| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

スケートカナダ 女子フリー

日本勢3人とも白い衣装にキラキラのヘッドドレスでおそろい感があった(^^;)
演技はそれぞれ良い出来だったが、得点や順位では明暗が分かれてしまった。
追い上げて3位に食い込んだのは宮原。さすがに底力がある。ステップが0点だったのは驚いたが、この分の点数が入っていても2位のオズモンドをかわすことは出来なかった。
本郷は回転不足を結構取られてしまい、点数が伸びず6位まで順位を下げてしまった。この順位だとファイナル進出はない。SPが良かっただけにもったいなかった。
永井は順位を上げることは出来なかったが、SPから1日でよく立て直したと思う。今できる精一杯の素晴らしい演技だった。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:19| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

スケートカナダ 男子SP

羽生が盛大にやらかしたけど、ある意味通常運転(^^;)
グランプリシリーズの初戦、特にカナダはこんな感じになる。『去年よりは点数出てるからマシ』とさえ思ってしまう。
確かに点数はパーソナルベストから30点も低い。が、実質4回転無し、コンボ無しの状態で80点近く出せるのは凄い。ダウングレードになった4回転ループも『怪我をしそうな転倒になりそうだから回転を止めた』らしい。1秒に満たない空中で判断をして実行できるのが凄い。しかも、膝をついた状態から自然にイーグルを実行するという超絶技巧も披露してくれた。今回の出来は悪かったけど、今後が楽しみだ。
無良はジャンプは全て成功させた。が、スピンやステップで取りこぼして、81点台だったのはちょっともったいない。2位発進ではあるが、羽生との差は2点弱。このまま行けるかどうか。
首位のチャンは羽生に11点弱の差をつけた。が、今の男子ではセーフティリードでは無い。間に挟まった無良やレイノルズを含めてフリーが終わった時にどんな順位になっているのか、全く分からない。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:17| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

スケートカナダ 女子SP

メドベデワが首位に立つのは予想の範疇ではあるが2位以下が凄いことになった。
まずオズモンドが2位に付けたのには驚いた。カナダ勢でクリーンに滑れば点が出るとは思ったが、まさかメドベデワに肉薄するとは・・・。
日本勢は本郷が良かった。オータムクラシックから衣装も変えて、ジャンプ構成も難度を下げたがこれが功を奏した。パーソナルベストには届かなかったが良い出来だった。ほんのわずかとはいえ、宮原の上に出たのは自信になるかも。
反対に宮原は一見クリーンな演技をしたけど、点が伸びなかった。コンビネーションジャンプがアンダーローテーションを取られた。3回転フリップはアンダーローテーションに加えてロングエッジとなった。元々取られやすかったのを修正したのに、ここで戻ってしまったのは残念だった。
永井はジャンプを1から修正している影響もあって、3回転ループ以外は抜けてしまった。技術点が15点ではいかんともし難い。フリーでは少しでも光明を見いだして欲しいが、真逆の結果もありそう。
posted by お千代 at 22:39| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

スケート・アメリカ 男子フリー

実に見応えのある勝負だった。
SPで大きなミスをしたコフトゥンやボーヤン・ジンが巻き返しを図り、順位は落としたもののナム・ニューエンが昨シーズンの不調を払拭する演技をみせた。
アダム・リッポンのプログラムは手の動きが印象的だった。
そんな好勝負を制したのは、宇野。2本目のトリプルアクセルで転倒して、惜しくもノーミスにならなかったが、堂々たる演技だった。
その宇野の好演技の印象を吹き飛ばしてくれたのが、ジェイソン・ブラウン。彼が最終滑走だったのは、他の選手にとっても観客にとっても幸いだったと思う。ミスはあったけど、そんなことは全く気にならなかった。とても良いものを見せて貰った。4回転1本という構成の弱さはあっても、宇野より高い演技構成点が出ても良かったとも思う。ちなみに技術点は92点だった。今回取りこぼしたところを埋めて、さらに磨きをかけていったら、この構成で技術点100点も有り得るかも・・・。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 17:15| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

スケート・アメリカ 男子SP・女子フリー

男子は宇野が4回転フリップを決めて首位発進。
・・・といってもその後のコンビネーションジャンプで転倒している。そして『決まった』フリップもトリプルアクセルもGOEがマイナス(^^;)
その割には演技構成点が出て、89点と中々の結果になった。
ただ4回転なしのリッポンが87点、4回転トウループ1本だけ入れたけど転倒したブラウンが85点。反対に4回転を2度転倒したボーヤン・ジンは72点。4回転の難度や回数はそれだけでは大したアドバンテージにはならないことを改めて知らされた。

女子は結構な自爆大会になった。
日本勢に限らず、転倒やヌケが多かった。
そんな中、三原が3位になった。SPから順位を1つ落としたが、グランプリシリーズのデビューとしては上出来だろう。2戦目もアサインされているので、ファイナルのチャンスもある。
浅田も1つ落として6位。これはもしかして彼女のグランプリシリーズの戦績としては最悪なのではないだろうか。ファイナルの可能性はなくなった。膝の状態は宜しくないなら2戦目キャンセルもありかと思うが・・・。
村上は順位を上げられず10位のままに終わった。不調が続いているというよりは、悪くなっていっているように思う。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:01| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

スケート・アメリカ 女子SP

三原舞依がとても良いスタートを切った。最後のジャンプこそ堪えた形になったが、ミスというほどのミスではなかった。スピードはあるし、ジャンプも高い。本人もビックリのパーソナルベストを更新しての2位発進だった。
浅田真央は5位スタート。順位だけ見れば出遅れとも言えるが、三原とは1点ほど、トップのワグナーとも5点ほどしか差が無い。十分フリーで逆転が可能な点差だ。
深刻なのは村上佳菜子。演技開始時に不安げな表情をしていると思ったら案の定・・・。転倒こそ無かったが、3つの3回転ジャンプがいずれもダウングレードかアンダーローテーション。技術点が伸び悩んだ上に、演技構成点も下がってしまって、合計が50点に届かなかった。勝負の蚊帳の外に行ってしまったのが残念だ。フリーでの巻き返しを期待したい所ではあるのだが・・・。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 22:56| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

44秒

【箱根駅伝予選会】中大11位、44秒差で本戦出場ならず…連続出場87回で途切れる

箱根駅伝本戦でのシード権の最後の1枠同様、予選会の最後の1枠もきわどい勝負になることが多い。
今年の予選会、44秒差で敗れたのが中央大学だった。
10人の合計で44秒ということは、一人当たりあと5秒ずつ早く走っていれば大丈夫だったわけだが、その5秒を縮めることはとてつもなく大変な事だろう。
これで連続出場が87回で止まった。中断期間もあるから年数にすると92年ぶりに本戦出場が叶わないことになる。・・・大正14年からずっと出場していたと言われると凄さが増す気がする(^^;)
しかし盛者必衰。記録はいつか止まる。それがたまたま今回だっただけ。
・・・当事者はそんな簡単には割り切れないだろう。
この中央大学に次ぐ連続記録を持っているのが、日本体育大学の68回。現在も継続中だが、更新するまで20年かかる(^^;) その次に連続出場継続中なのが駒澤大学の50回。やはり87回は偉大な記録だ。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
タグ:箱根駅伝
posted by お千代 at 22:37| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

おそろしや

紀平がトリプルアクセル決めて逆転V 真凛は2位

近畿選手権というローカル大会なのに、面子が凄いとニュースに上がる(^^;)
紀平、本田、坂本と上位3人は、ジュニアグランプリファイナルを決めていて、その前哨戦第1弾といった感じだ。
局部的に世界レベルの大会を制したのは、紀平。非公式とはいえフリーを130点の大台に乗せたのは凄い。トリプルアクセル成功の威力は大きい。ただ、敗れたとはいえ本田も差はごくわずか。
同門でもあるし、そのままの勢いで切磋琢磨していったら、どんなことになるのか。楽しみでもあり、恐ろしくもある。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 20:53| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

オータムクラシック 男女フリー

羽生は冒頭の4回転2つを決めたが、その後は失速してしまった。最終的に2回転倒、1回すっぽ抜け、3連続コンボも1回転トウループ2つになるなど予定した構成を遂行することが出来なかった。
ただ、どうもフリーはまだ通して練習できていなかったようだ。それを考えたら十分すぎる出来だと思う。
シーズン頭にノーミスできるほど簡単なプログラムではないし、今回大遭難したことでむしろ今後が楽しみだ。
本人比でかなりグダグダになってしまっても、フリーで170点、トータル260点を出せるのが凄い。パーソナルベストより70点も低いが、2位に30点差をつけての圧勝だし・・・(^^;)

女子の本郷と木原もジャンプミスを連発して、精彩を欠いてしまった。結果的にショートの順位そのままに終わった。本郷4位で木原が5位、特に本郷は表彰台まで2点弱足りなかった。



にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 17:01| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

オータムクラシック 男女SP

何と言っても羽生結弦が半年ぶりとなる実戦でどんな演技をみせてくれるのかが注目だった。
さらには昨夜ISUから『お手つきとステップアウトがあったクラスノジョンの4回転ループは成功とは認定しません』なんてお知らせがあって、『世界初』煽りが再燃してしまった。
そんな中、きっちりと4回転ループを成功させたのだからさすがだ。しかも周囲の騒ぎを余所に『僕には関係ない』と一刀両断にし、コンビネーションジャンプを失敗したことを反省するあたり格好良すぎる(^^;)
首位には立ったが、スピンでの取りこぼしもあって88点台と低いスコアだった。ただ、低いと言ってもあくまでも羽生比。これまでの男子シングルのシーズンベストだったりする。
そもそも怪我で2ヶ月滑ることが出来ず、ショーも全休しているのに、この時期にパーフェクトだったら、その方がビックリする(^^;)
今後、どの様に仕上げていくのかが本当に楽しみなプログラムだった。・・・その前に明日のフリーも楽しみだ。

本郷は全体の印象は悪くなかったが、点が伸びなかった。コンビネーションジャンプでアンダーローテーションを取られたこともあって4位、木原はパーソナルベストを出したけど5位と順位だけ見れば出遅れた感がある。
しかし、パーソナルベストを大きく更新した長洲未来が1人突き抜けているだけで、2位から5位までは2点ちょっとの差だし、2位と7位も5点ほどの差しかない。
十分表彰台は射程距離にある。フリーでの巻き返しに期待したい。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 15:53| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

待ちに待った

朝起きたら、TLがお祭り状態になっていた(^^;)
祭りの元は・・・。

羽生、成功すれば史上初!4回転ループに挑戦/フィギュア

公開練習で今季の使用曲とジャンプ構成判明。
ショーを全休していたから、判明がここまで遅くなり、その分盛り上がったというか・・・。
去年の例からして早くてお昼かと思っていたのだが、一報は丑三つ時だったようだ(^^;)
気になるジャンプ構成は、日刊スポーツによるとショートプログラムが4回転ループ(4Lo)、4回転サルコウ+3回転トウループ(4S+3T)、トリプルアクセル(3A)、フリーが4回転ループ(4Lo)、4回転サルコー(4S)、3回転フリップ(3F)、後半に4回転サルコー+3回転トーループ(4S+3T)、4回転トーループ(4T)、3回転半+2回転トーループ(3A+2T)、3回転半+1回転ループ+3回転サルコー(3A+1Lo+3S)、3回転ルッツ(3Lz)とのこと。
怪我をした左足甲に負担のかかる4Tを減らすだろうなとは思っていたけど、まさかショートプログラムからもリストラするとは思わなかった。
ジャンプの基礎点は、ショートプログラムでコンボが前半の場合 36.15、後半の場合 37.63となる。昨季の4回転2本構成の基礎点が 34.45 なのでかなりのアップになる。
同様にフリーは、79.89 から大きく上がって 87.53。
今からわくわくしてくるような内容だ。
それにしても、何があっても攻める気持ちと向上心を持つぶれない姿勢は本当に頭が下がる。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 14:28| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

1競技だけの問題では無く

陸上選手の相次ぐ国籍変更、ルール厳格化の動き

陸上だけではなく、卓球も国籍変更の選手が多かった。
日本もラグビーには、他国出身の選手が多くいる。
もしかするとこの手の問題を抱えていない競技はないかも・・・。
今回は陸上連盟が厳格化を考えているようだが、競技毎の事情はあるにせよ、最終的にはIOCが共通ルールを策定した方が良いような気がする。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 17:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする