2019年11月17日

全日本ジュニア選手権

去年までは女子の後半2グループを生中継していたものを、今年は順番を入れ替えて男子の後半グループが生中継だった。
ジュニアグランプリシリーズで結果を出しファイナル進出を決めたのが男子2人ということで、こちらの方が面白いとフジテレビとスケ連が判断してこういう日程になったのだろう。
実際、ファイナル組が1、2フィニッシュを飾ったが、内容は明暗がきっちり分かれてしまった。
優勝した鍵山はノーミスの演技でビッグスコアをたたき出した。
その鍵山を抜くために佐藤は4回転ルッツに挑んだがこれを失敗、動揺したのかミスを重ねてしまい、キス&クライで悔し涙を流す出来になってしまった。
鍵山の出来は確かに素晴らしかった。ただ、ファイナルとその後の世界ジュニアに向けた対外アピールのためか、国内大会の特盛非公認記録なのに『ジュニアの世界最高得点更新』を連呼した実況は頂けない。

この大会は6位以内に入ると来月の全日本選手権に出場することが出来る。そして全日本選手権に出られないと世界ジュニア選手権にも出られないレギュレーションになっている。さらに今大会の優勝者以外は全日本選手権での結果も踏まえて世界ジュニア選手権の代表が決まる。
SPが順位を落としたものの6位以内に留まった人、フリーで巻き返して6位以内に入ってきた人、そして入れなかった人。悲喜こもごもだった。
ジャンプは確かに点数が大きいが、スピンのレベルを取れるかどうかも結構大きな差になっていた。
同様にステップも殆どがレベル2止まり。3を取ったのは鍵山と西山の二人だった。西山はジャンプの抜けが複数あって9位に終わったが、アイスダンスとの二刀流をしているだけあって滑りはとても良かった。全日本選手権で観られないのがちょっと残念。
posted by お千代 at 21:41| 宮城 | Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

ロステレコム杯 女子SP男子フリー

深夜に終了して結果が新聞に載っている女子SPだが、いつも以上に煽りVTRを入れていたような気がする。多分男子を生中継するための時間調整も合ったのだろうが似たような映像を何度も流して正直飽きた(^^;)
日本勢3選手は揃って、最初のコンビネーションに失敗し、リカバリーのコンボはダブルになるとミスをしてしまった。その結果、宮原6位、白岩7位、横井10位と出遅れる結果になった。
放送された中では、メドベデワとトゥルソワの2人だけがノーミスだった。地元ということもあって70点半ばの高得点をたたき出した。メドベデワがトップにいるが4回転持ちのトゥルソワの方が有利だ。スケートカナダ同様の逆転劇があるものと思う。
フリーで宮原がファイナル進出ラインまで巻き返せるかどうか。


男子は都合良く第1グループの最終滑走になった友野の所から生中継になった。
その友野はジャンプが3つ抜けてしまうミスがあった。それでもほんの僅かだがパーソナルベストを更新した。ただ順位は1つ落として8位という結果に終わった。
続く宇野は、ジャンプをひとつ跳び損ねるという大失態。最後の最後でリカバリーで跳びにいったがリピート、アンダーローテーション、転倒で大幅な減点となった。それでも跳び損ねた時にチェック姿勢を取ったことで『ジャンプを試みた』と判断され、キックアウトにならずに済んだのはラッキーだった。点数としてはボロボロだったフランス大会より大分上がった、というレベルだった。
ただ、フリーで大崩れしがちなロシア男子たちが後に控えていたので表彰台には届くかと思ったのだが・・・。
今日のロシア男子たちはひと味違った。
抜けたのか安全策を取ったのか分からないほど冷静にジャンプを飛び続けて、揃って大きなミス無く演技を終えた。
グループ第1滑走の宇野に若干気前よく点を出していたこともあって、結構な大盤振る舞いになった。
結果SPの順位通りにサマリン、アリエフ、イグナトフとロシア勢が表彰台独占を決めた。
これで1戦目で2位を取っていたサマリンのファイナル進出が決定した。

フリー1位のサマリンの技術点が85点弱。
トゥルソワはこれを越えてくる可能性が高い(^^;)
posted by お千代 at 22:23| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

中国杯 男女フリー

女子は予想通りシェルバコワが優勝してファイナル進出を決めた。といっても4回転と3回転合わせて4回跳んだルッツ全てにアテンションがつき、アンダーローテーションもあって1戦目ほどには点数は出なかった。
宮原はアンダーローテーションを3つ取られたが、取られなくて良かったジャンプもあった。ジャンプの精度はともかくプログラムとしてはとても完成度の高いものだった。彼女の魅力を存分に引き出していると思う。フリーでは3位となったが、SPのリードで2位をキープしてファイナルの可能性を残した。
本人に合っているプログラムという点では本田もそうなのだが、如何せんジャンプの失敗が多かった。SPから順位を落としてしまい7位。
今日も判定が厳しめで、回転不足やエッジエラーが付かなかった選手はトゥクタミシェワただ一人だった。そのトゥクタミシェワはトリプルアクセルを2本決めて、SPから順位を上げで3位となった。2戦とも3位でポイントは22になったが、同じ22だが2位4位のテネルの方が優先される。加えて2戦目を残している13ポイント持ちが3人いることを考えるとファイナル進出は難しいように思う。


男子はボーヤン・ジンがSP2位から逆転優勝した。意外なことにGPS初優勝。4回転1本が抜けてしまったがあとはきっちりまとめた・・・割にはちょっと点数が伸びなかった。最後の最後スライディングの最中に引っかかってバランス崩したのは転倒と判断されてしまったようだ(^^;)
2位にはハン・ヤン。SP同様4回転なしの構成だったが、滑りの質が素晴らしかった。
3位にリッツォ。すごく良かったのに最後のジャンプで転倒してしまった。もったいない。
1位になればファイナル進出だった田中は、順位は上げることが出来たが5位と表彰台に届かなかった。4回転とトリプルアクセルの抜けは痛すぎた。
1戦目にそこそこのポイントを獲得していた選手が思うように上積みできず、僅かなポイントしか持っていなかった2人と1戦しか出場しないハン・ヤンが表彰台に乗ったことで星取りは荒れ模様になった。
ポイントランクの2位にボーヤンが上がったが、20ポイントしかない。過去の例からして残り2試合に出場する選手達から5人が決まる可能性が高くなった。
posted by お千代 at 22:45| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

中国杯 男女SP

地上波放送は丑三つ時からだが、BSで生放送をしてくれた。しかも全員(シングルだけだけど^^;)。
やはり生放送は良い。

そして協議の方はといえば、男女とも波乱の展開になった。
女子は第1戦で優勝を飾っているシェルバコワがジャンプを全部成功させたのは、予定通りと言える。見た目ノーミスは宮原もだったが、アンダーローテーションが複数あった。
トリプルアクセル持ちの二人は共に転倒してしまった。
全ジャンプ成功に加えてスピンとステップをオールレベル4で揃えることが出来たのは、表彰台下馬評の外にいるアンバー・グレンただ一人だった。
ちなみにステップの判定が厳しめだったのか、レベル4を取れたのはグレンと本田真凜の二人だけだった。
その本田もアンダーローテーションと転倒があって今ひとつ点数が伸びなかった。

男子もまた波乱だらけだった。
何と言っても2年ぶりに公式戦に登場したハン・ヤンが素晴らしい演技をした。相変わらずのなめらかなスケーティングと大きなジャンプ。4回転は回避したがノーミスの演技をした。
・・・このハン・ヤンを後続の選手は誰一人として越えることが出来なかった。4回転を2本跳んだ選手であっても・・・。
傾向としては自爆大会だった。
『優勝すればファイナル進出』と放送で散々煽られた田中もその中に巻き込まれて7位と大きく出遅れた。とはいえ1位とも12点ほどしか差が無い。可能性がないわけではない。

男女ともフリーがこのままの順序で終わるとは到底思えない。
安泰なのはシェルバコワぐらいだろう。
ファイナルへのポイント争いも含めて混沌としている。
この決着も生放送で見られるのはありがたいことだ。
posted by お千代 at 22:36| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

一応決着

突然降ってわいた東京五輪のマラソン・競歩の札幌開催案。
小池都知事は『合意はしないが妨げることはしない』という表現で受け入れたことにより、札幌での開催が決定した。
東京よりもこれから準備をすることになる札幌が大変そう。特にコース整備は雪との戦いになると思うが、勝算はあるのだろうか。
マラソンや競歩のチケットを持っている人への対応もこれから考えるのか? それはそれで大変だ。

ところで、今回の協議で『マラソン・競歩以外の競技会場は変更しない』という合意項目があるが、小池都知事が合意していないということはこれも覆る可能性がある?(^^;)
ラベル:東京五輪
posted by お千代 at 13:57| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

スケートカナダ 男女フリー

男女ともすごいものをみた。
女子はトゥルソワが世界最高得点を更新して逆転優勝した。サルコウは転倒したものの、3本の4回転を決めれば当然の結果だった。
紀平はトリプルアクセルを持っているとはいえルッツを抜いていた、その分トゥルソワとは予定構成の段階から差が大きくなっていた。最初のトリプルアクセルがステップアウトした時点で勝負あり。ユ・ヨンもトリプルアクセルが転倒したのが痛かった。
そして表彰台に届かなかったが、メドベデワと本田真凜の演技も素晴らしいものだった。特に本田は怪我の影響から棄権も考えたとのこと。ジャンプの難度を落としたが、それが良い方向に出たと思う。順位も大きく上げた。


男子は田中からニューエンまでの流れがすごかった。
田中は抜けたジャンプがあったが、『オダる』ことを回避したりして可能な限り点を拾っていった。
プルキネンも大きなミスはステップアウト2つだけという演技をした。ただ、4回転の本数の差で田中に軍配が上がる結果になった。パーソナルベストを出しても順位を落とす結果になってしまったのは相手が悪かったとしか言いようがない。
そして羽生はやはり異次元だった。4回転ループでオーバーターンした以外は全ての要素で加点が付いた。4回転トーループ+オイラー+トリプルフリップのコンビネーションは世界初成功だ。
パーソナルベストを更新してぶっちぎりの優勝を飾った。
ネイサン・チェンが世界選手権で出した点数には届かなかったが、4回転ループまでの構成でこの点数を出したということはまだ伸ばせる余地があるということで・・・。いやはや今後が楽しみで仕方ない。
羽生の良演技の熱量とプーシャワーに飲まれることなく逆に自身のパワーにしたニューエンも見事。観客を巻き込みながらの演技は本当に素晴らしかった。
posted by お千代 at 23:59| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

スケートカナダ 男女SP

羽生と紀平が揃って今期の世界最高得点で首位発進した。
といっても男子と女子では様相が違う。
女子は紀平が81点。ユ・ヨンがトリプルアクセルを成功させて78点。トゥルソワが74点、テネルが72点と高得点が続出した。この中にメドベデワがいないのが番狂わせだ。最も転倒、ステップアウト、アンダーローテーションと全てのジャンプが減点されている状態で62点は出た方だと思うが、さすがに今回は厳しい。
問題はトゥルソワでフリーでは4回転を4本予定しているらしい。紀平との7点の差など簡単にひっくり返せる。ちなみにトゥルソワより基礎点の高いフリーを予定しているのは羽生だけ(^^;)
紀平は左足の怪我の影響でルッツを抜いた構成にしているだけに、世界最高得点でトップに立っていながらフリーもミスが許されない状況になっている。
そしてもう一人、体調不良で欠場した三原の代わりに出場することになった本田真凜は、非公式練習の日に交通事故に遭い怪我をしてしまった。右足に大きなサポーターをしていたが、やはり影響があったと思う。ジャンプ1つが抜けて点数が伸びず10位スタートとなった。とはいえ、実は5位と5点ほどの差しか無い。巻き返しも十分可能だが、とにもかくにも足の状態次第だ。


男子は結構な自爆大会で紀平の点数を上回ったのが上位3名だけという結果に(^^;)
そして1位羽生と2位のプルキネンの差が20点以上ついた。プルキネンもシーズンベストを大幅に更新したにもかかわらずこの差となった。
本当に羽生一人異次元だった。トリプルアクセルで満点を得た反面、コンビネーションジャンプでちょっと詰まったのとステップがレベル3だった。つまりまだ伸びしろがあるというのがすごい。これまで出場したスケートカナダではSPで大きなミスをするのが定番だったが、それをも乗り越えた。
田中刑事はジャンプが2つ抜けてしまった。どちらも規定要素に収まる抜け方だったのが幸いして点数が残った。演技構成点も高めに付いたので逆転での表彰台もあり得ると思う。
posted by お千代 at 22:24| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

快進撃が止まる

ラグビーW杯南アフリカ戦は26-3で敗戦。今大会での日本の戦いは終了することとなった。
前半は僅差で堪えていたのだが、後半は力の差を見せられた感じだった。
特にラインアウトとそこからのモールは歴然とした差があった。
南アフリカは信じられないようなミスを何度もしたのだが、そこに乗じることが出来なかった。
良い試合だったが、『優勝を狙うチーム』と『ベスト8が目標のチーム』の違いは大きかった。
ただ、歴史を作ったことは間違いない。次はベスト8のその先を狙うことが出来ると思う。
posted by お千代 at 21:44| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

唐突に

東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案が出てきたと思ったら・・・。



唐突に決まったらしい。
ビックリ。
これは、案が報道された段階で実は決定していたということなのかもしれない。
記事を読む限り、IOCと大会組織委員会だけで決めたように見えるが東京や札幌に打診はあったのだろうか。
これまで準備してきた東京も大変だが、開催まで1年を切っているのに準備をしなくてはいけない札幌も大変だ。その時期に予定されているイベントなどにも影響が出ることは避けられない。それらの調整も必要になる。
チケットが当選している人も札幌まで行けと言われても大変だろう。
元々東京の夏が暑いことは知られていたはず。それがドーハの世界陸上の惨状があって初めて現実のものとして認識されたらしい。
競技時間はどうするのだろう?
現在の早朝スタートならいざ知らず、日中なら最高気温は札幌でも30度超えは結構あると思うのだが・・・。

実のところ、札幌でやるなら仙台でも良いでしょ、と思った。『復興五輪』を掲げているから大義名分もある(^^;)
松島から仙台までで実施しているクイーンズ駅伝はマラソンと同じ42.195kmだし・・・。
ラベル:東京五輪
posted by お千代 at 20:21| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

ワールドカップ男子 VSカナダ戦

既に順位が確定していることもあってこれまであまり出番のなかった選手達を多く起用した。
そしてセットの終盤で石川や西田といった主力を投入する策をとって最終戦を白星で飾った。
フルセットにもつれ込む激闘になったが、最後は西田が連続サービスエースで決めた。

今回のチームは成績もさることながら、チームの雰囲気がこれまでになく良い感じだった。ベンチの選手もベンチ外の選手もコートの選手と一緒になっていた。
大会を通じて『面白い』試合をした日本男子。初めてみたかもしれない(^^;)
ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 22:14| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

ワールドカップ男子 VSブラジル戦

王者の壁は高かった。そして固かった。
12年ぶりにブラジルからセットを奪った。
ただ、奪ったことで相手の攻撃力も上がってしまった。
第3セットは出だしからサービスエースを連発され、良いようにやられてしまった。セットポイントを決めたのもサービスエースだった。
それでも第4セットは食い下がりリードを奪う場面もあった。しかしそれをキープし続けることは出来なかった。
セットカウント3-1で敗戦。
ブラジルの優勝が決まり、日本のメダルの可能性がなくなった。4位確定。

ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 21:52| 宮城 ☔| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

歴史が動いた

ラグビーW杯日本VSスコットランド。
台風19号の影響で中止もありえたのだが、無事に開催された。
先制はされたもののすぐに追いつき逆転し、後半早々にボーナスポイントを獲得する4トライ目を決めた。
勝たなくてはいけないスコットランドがそのまま引き下がるはずもなく、ここから猛反撃が始まった。
2トライ2ゴールで7点差。
ここからの残り10分は本当に死闘だった。
このリードを全員で一丸となって守り切った。
4年前の大会で決勝トーナメント進出を阻まれたスコットランドに雪辱を果たした。
予選ラウンド4戦全勝で1位通過。
史上初の8強進出をこの上ない成績で決める事が出来た。本当に素晴らしい。
posted by お千代 at 22:12| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

ワールドカップ男子 VSエジプト戦

フルセットで勝利。
第1セットの取り方からしたら、ここまでの死闘になるとは思いも寄らなかった。
ただ、第2セットは逆にグダグダになってしまい、大差で落とした。
第3セット以降はもつれにもつれた。
それでも第4セットにマッチポイントを握るまでに至った。これを勝ちきれなかったのは反省点だ。もっとも実況が『このセットで勝利すれば3位浮上』とやたら煽っていたから、フルセットになるだろうなとは思った(^^;)
しかしマッチポイントからひっくり返されたのがダメージになって、ゲームを落とすような事にならなくて良かった。一進一退の攻防に焦れず、最後の勝負所で良く勝ちきったと思う。
posted by お千代 at 22:15| 宮城 ☔| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

ワールドカップ男子 VSロシア戦

ロシア相手に3-1で勝利した。
10年ぶりかつワールドカップでの勝利は初めてだそうで、まさに大金星。歴史的勝利だった。
西田がサーブに、アタックに大活躍だった。そして要所を石川や福澤らが締めていた。
第2セットだけサーブが決まらず、ロシアに力で押し切られてしまったが、ここでグダグダと引きずらず第3セットで立ち直せたと思う。
ナイスゲームだった。
ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 22:02| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

ワールドカップ男子 VSオーストラリア戦

ストレート勝ちで4勝目を挙げた。
今日はリードを追い上げられたり、リードを許す展開になっても慌てずに点を取っていった感がある。
第3セットは、日本のサーブミスが多かったが、オーストラリアももったいミスをしてくれて相殺された。最後にもたつくことなく勝負を決められたのも良かったと思う。
ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 21:06| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

ワールドカップ男子 VSアルゼンチン戦

第1、第2セットは比較的楽に取れた。
第3セットもいい流れでリードしこのままストレート勝ちといきたかったが、そう上手くいかなかった。
中盤に連続サービスエースを決められたところから追い上げられ、逆にリードを許す展開になった。その後追いつきジュースに持ち込んだが、結局は取られてしまった。
第4セットも第3セットと似たような展開になったが、同じ轍は踏まずリードを保ったまま押し切った。
今日の勝利で再び白星先行になった。
ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 21:50| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

ワールドカップ男子 VSチュニジア戦

3-0のストレート勝ち。
第1、第2セットは中盤に追い上げられ辛くも逃げ切った。
しかし第3セットは柳田の怒濤のサービスエースで逆に突き放した。日本が20点にのせたあたりでチュニジアはやや戦意喪失気味になり、そこからさらにサービスエースが取れた。
ポーランド戦に比べたらサーブミスも大分少なかった。やはりサーブの善し悪しは勝敗に直結する。
ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 21:11| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

ワールドカップ男子 VSポーランド戦

セットカウント3-1で負けた。
第3セットは最初のテクニカルタイムアウトをリードしたところから一度も追いつかれることなく取った。しかし追いかける展開になると厳しい。
第2、第4セットは相手にサービスエースを連続で許してしまった。さらにブロックにつかまりあっという間に点差を付けられてしまった。
競っていた第1セットは終盤にセッターとアタッカーでぶつかってしまいボールを落としてしまった。このたった1つのミスがセットを失うきっかけになってしまった。もったいない。
あとはサーブミス。攻めた結果だと言うがやはり少し多すぎたと思う。
ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 21:46| 宮城 | Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

ワールドカップ男子 VSイタリア戦

世界ランク3位相手にストレート勝ちした。
イタリアはベストメンバーではなかった。とはいえ正直勝てるとは思っていなかった。それがストレート勝ち。本当に驚いた。前にイタリアにストレート勝ちしたのは30年以上前、ということは『昭和』以来なわけで……(^^;)

それにしても第2セットの24点目、石川がやったバックアタックを打つと見せかけてのトスアップは、今後の語り草になるようなプレーだった。
そして第3セットは競りながら中盤以降に突き放すという良い形で取った。
キレッキレの石川がチームの中心にいて、ベテランと新戦力が良い具合に融合していた。
最高のスタートを切ることが出来た。
ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 21:23| 宮城 | Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

ワールドカップ女子 VSオランダ戦

セットカウント3-1で勝利し、最終戦を飾った。
第3セットでマッチポイントを握り、ポイントを取ってゲームセット。・・・の筈が相手のチャレンジが成功してポイントが相手に入りジュースになった。ここで気持ちを切り替えることが出来ず、取られてしまった。
これを除けば、競り合いを制していた。立ち上がりの悪さはあったけど(^^;)

トータル成績は6勝5敗。勝ち点19で5位となった。
最終順位だけみればメダルまで後少しの様にも思えるが、完敗した相手が上位にいるわけで・・・。オリンピックまでにこの差を埋めなくてはいけないのは中々大変だと思う。

ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 21:55| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする