2018年12月09日

天皇杯決勝 VS浦和レッズ戦

天敵興梠にゴールは許さなかった。
しかし鬼門埼玉スタジアムを打破することが出来なかった。
前半はとても良い形で試合には入れていた。ただ、流れを完全にこちらのものにする前に、セットプレーのこぼれからゴールを割られてしまった。ゴラッソとしか言いようのない素晴らしいシュートは、ベガルタに取っては不運そのもの。
この1点が最後まで重くのしかかった。最終的にはレッズを上回るシュートを放ったが、最後までゴールを割ることは出来なかった。
初のタイトルはお預け。手も足も出なかった、という訳では無かっただけに悔しい。


posted by お千代 at 23:21| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

天皇杯準決勝 VSモンテディオ山形戦

天皇杯で初めて行われたみちのくダービーは、ダービーの名にふさわしい激しい試合だった。
前半13分、石原が先制ゴールを決めた、と思ったらオフサイドの判定でノーゴールに。
このざわめきが収まりきらない14分に今度はジャーメインがゴールを決めた。
更に18分に矢島、36分に平岡と久しく見ることが出来なかったゴールラッシュとなった。
ベガルタペースで試合を進めていてモンテディオにシュートを打たせるまで行かなかった。しかし、隙を突いてモンテディオが放ったわずか2本のシュートがいずれも決まってしまっていた。
圧倒的に優位に進めていながら、1点差という訳の分からない前半だった。
後半に入ると一転、モンテディオの流れになった。とことん押されてしまったが、ゴールだけは守り通した。
アディショナルタイムの5分は本当に長く感じた。これを守り切って勝利。クラブ史上初の決勝進出を決めた。
決勝の相手は浦和レッズ。会場は埼玉スタジアムということで、超アウェイになるのは目に見えている。が、ここまで来たらもう1度クラブの歴史を変えてもらいたい。



posted by お千代 at 22:09| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

J1第34節 VSヴィッセル神戸戦

3-2で敗戦。最終節を勝利で飾ることは出来なかった。
先制された後前半42分に奧埜が2枚目のイエローをもらって退場。・・・1枚目が何時出たのか分からなかった(^^;) スタッツを見ると33分、先制される直前の出てるがまるで記憶にない。
ともあれ、1人少ない状態で後半に2点を追加され、更にという展開も有り得た。が、ここから2点を返した。勝てなかったが、意地を見せることは出来た。4日後の天皇杯に繋がると思う。
ただ、敗戦したことでヴィッセルと順位が入れ替わり、ほぼ『例年通り』の11位となってしまった事は残念だ。

自動降格は前節までに確定していて残りはプレーオフ参加となる16位が何処になるか、中々熾烈な戦いになったようだ。
可能性があった5チームが『勝ち点41』で並んだ。その結果得失点差によってジュビロが試合開始前13位から一気に順位を落として16位になった。しかも、後半アディショナルタイムのオウンゴールで敗戦するという・・・。まさに一瞬にして天国から地獄に落ちてしまった。
逆にACL出場権を巡る争いは、該当チームが全部引き分けたことで状況は変わらず、サンフレッチェとアントラーズが勝ち抜く結果となった。



posted by お千代 at 16:43| 宮城 ☔| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

J1第33節 VS鹿島アントラーズ戦

ホーム最終戦を白星で飾ることは出来なかった。
開始早々は優位に試合を進めていたが点が取れないでいた。
先制されると流れはアントラーズに傾いた。
前半は何とかしのげていたが、終わってみれば3-0の大敗だった。
今日負けてしまったことで、今シーズンの目標である『5位以内』は達成できなくなった。次節に勝てば、勝ち点だけなら他力込みで6位に並ぶことが可能だが、得失点差が大きすぎる。現実的には一桁順位で終われるかどうか・・・。



posted by お千代 at 16:57| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

日程変更

天皇杯の準々決勝、最後の試合が今日行われて、アントラーズが勝った。
アントラーズはアジア王者としてクラブW杯に出場することになっているため、天皇杯の準決勝と決勝の日程が変更になる。
元々12月16日に予定されていた準決勝が5日になった。
10日ほど早まってしまうわけだが、この辺りも織り込み済みで練習していると思う。
せっかくのみちのくダービー、平日の午後にやるのはもったいないが仕方ない。


posted by お千代 at 21:05| 宮城 ☔| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

J1第32節 VSサンフレッチェ広島戦

4連敗中のサンフレッチェと5戦勝ちなしのベガルタという調子を落としているチーム同士の対戦だった。
そしてアウェイのサンフレッチェ戦は苦手だった。
しかし1-0で勝利することが出来た。
唯一のゴールを挙げたのはサンフレッチェに在籍経験もある石原だった。
交代枠を使い切った終了間際に、椎橋が顔面強打でプレー続行が不可能になり10人で戦わざるを得なくなってしまったが、ゴールだけは死守した。アディショナルタイム6分は長かった。

首位フロンターレは今日の試合で負けた。が、ベガルタが勝ち点差7で追っていたサンフレッチェに黒星を付けたことでフロンターレの連覇が決まった。優勝をアシストした形になったのだが、ベガルタにとってより重要なのは残留が確定したことだと思う。
posted by お千代 at 22:58| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

J1第31節 VSコンサドーレ札幌戦

アウェイのコンサドーレ戦は鬼門。会場が魔鏡厚別ではなかったことはプラスには作用しなかった。
1-0の敗戦。
両チームのキーパーがビッグセーブを連発する試合だった。どちらかというとシュミットのセーブの方が多かった。それだけ劣勢になることが多かったということでもある。
1失点ですんだのはシュミットのおかげだと思う。
とにかく点を取れないのが問題だ。キーパーがいないがら空きのゴールめがけたシュートをゴールポストに当てたり、甘め判定でもらったPKを止められたり、と自ら勝機を逃したような気がする。



posted by お千代 at 16:18| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

準決勝の会場

天皇杯準決勝の会場と時間が決まった。

12/16 15:05 ~ ユアテックスタジアム仙台

関東地方のどこかでやるのかと思ったら、まさかのユアスタ。
これもみちのくダービーになったおかげだろうか。
今年の天皇杯でベガルタはこれまでホームで試合をしていない。ダービーでもあるし、さぞかし盛り上がることだろう。
アントラーズの天皇杯準々決勝とACL決勝の結果次第で、試合が12/5に変更になる可能性もあるが、その場合でも会場は同じ。
・・・やはり平日ではないほうがありがたいなぁ、アントラーズには申し訳ないけど(^^;)


posted by お千代 at 20:43| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

天皇杯準々決勝 VSジュビロ磐田戦

開始早々に取られた1点を中々返すことが出来なかった。
敗退の言葉がちらつき始めた後半終了間際にジャーメインが決めて同点に追いついた。
この後は両者譲らず。延長戦でも決着は付かずにPK戦へ。
シュミットが1人止めて有利になり、あと1人決めればというところで蹴った5人目ハーフナーがまさかのホームラン orz。
振り出しに戻った、と思ったら相手もホームラン(^^;)
最後は若干締まらない形にはなったが勝利して準決勝進出を決めた。
準決勝の相手はJ1首位のフロンターレをジャイアントキリングしたモンテディオ。
posted by お千代 at 22:18| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

J1第30節 VSサガン鳥栖戦

ここまで23得点だったサガンに3点を献上。気前が良すぎる。しかも1点目を取られた1分後にもう1点とは・・・orz。
2点ビハインドは追いつけたものの、3点目を取られてしまってジ・エンド。
ホームでの無敗記録がストップした。
残留争いを混沌とさせている一因はベガルタにあるような気がする。


後半41分に激しい雷雨で試合が中断した。
この時我が家の付近は雨も降っておらず当然雷の気配も無かった。
16時33分に試合が再開したのとほぼ同時に稲光が走って雷鳴が轟いた。仙台は広い(^^;)


posted by お千代 at 20:25| 宮城 ☔| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

J1第29節 VS浦和レッズ戦

1-1のドロー。
連敗は止まったが、ホーム連勝も止まった。
ただ、レッズにはこのところずっと負けていたことを考えればこの結果は良かったと思う。追いついてのドローだったし・・・。
何より天敵興梠に得点を許さなかったのは大きい。代わりに橋岡にプロ初ゴールを献上したけど(^^;)


posted by お千代 at 15:55| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

J1第28節 VS横浜F・マリノス戦

前回対戦時の悪夢を振り払う・・・事が出来なかった orz。
前半はリードされていたとはいえまだ良かったのだが、後半はもう無惨なことに。
確かにジャッジングに恵まれなかった部分も多々あった。が、それ以前に不用意なミスが多すぎた。軽めのパスをかっさわられるとか、パスコースを探している内に詰め寄られて慌てて出したらタッチライン割れなんてことが何度あったことか。
ベガルタの得点はオウンゴールとPKだというのもよろしくない。・・・PK判定自体、ハンド見逃しゴールの帳尻合わせとしか思えなかったし(^^;)
これでマリノス相手に2戦で13失点。いくら何でも貢ぎ過ぎ・・・orz。


posted by お千代 at 16:52| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

J1第27節 VSV・ファーレン長崎戦

アウェイの地でやらかした。
最下位相手に勝ち点3を献上するのは、グランパスに続いて2度目だ。
点の取れる気配はあまりなかったが、試合は押し気味に進めていた。
1つの判断ミスがゴールをがら空きにし、当然のようにボールをたたき込まれた。
こんなことが起きる前に点を取るチャンスは何度もあったが、点は取れず。終盤のパワープレーも効果なし。
今日勝てていれば得失点差のマイナスが解消されたのに・・・。



posted by お千代 at 20:51| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

J1第26節 VSFC東京戦

前半は押し込まれっぱなしでとにかく耐えた。
後半4分にオウンゴールで先制したが、この時点でベガルタのシュート数はゼロ(^^;)
先制した直後は攻勢に出られたが、徐々にまた守勢に立たされることになった。
公式記録としては7本のシュートを放ったが、追加点はなかった。
結局シュートなしで挙げた超タナボタ得点を守り切って勝利した。
今年FC東京と対戦したのは今日で4回目。苦手な相手だったのに全てゼロ封で勝利している。苦手意識が払拭されたのかもしれない。



posted by お千代 at 20:43| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

J1第26節 VSFC東京戦

前半は押し込まれっぱなしでとにかく耐えた。
後半4分にオウンゴールで先制したが、この時点でベガルタのシュート数はゼロ(^^;)
先制した直後は攻勢に出られたが、徐々にまた守勢に立たされることになった。
公式記録としては7本のシュートを放ったが、追加点はなかった。
結局シュートなしで挙げた超タナボタ得点を守り切って勝利した。
今年FC東京と対戦したのは今日で4回目。苦手な相手だったのに全てゼロ封で勝利している。苦手意識が払拭されたのかもしれない。



posted by お千代 at 20:43| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

J1第25節 VS清水エスパルス戦

前半を1点リードで終えた。
後半にオウンゴールで追いつかれ、その後は劣勢に立たされることも多かった。
その状態を何とか凌ぎ、後半アディショナルタイムに劇的なゴールを挙げて勝利することが出来た。
表示されていたアディショナルタイムは5分。傷んでいる選手がいたりゴールが決まったりで実際には7分近くまで終わらなかった。長かった(^^;)
今日の勝利は、CSKAモスクワに完全移籍するためにチームを離れる西村にも良い餞になったと思う。


posted by お千代 at 22:07| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

J1第24節 VS川崎フロンターレ戦

1-0で敗戦。連勝が止まった。
等々力は鬼門のひとつだし、後半開始時点で31℃を越える暑さだし・・・。
失点はあまりにも大きなミスをしてしまったことによるものだった。しかしあのミスがなかったとしても結果は同じだったような気がする。それぐらいプレーのクオリティに差があった。
ゴールポストに2度ほど助けられたが、1失点で済んだのはむしろラッキーだった。


posted by お千代 at 22:17| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

天皇杯4回戦 VS横浜F・マリノス戦

1ヶ月前に屈辱的な大敗を喫した相手にリベンジ成功。3-2で勝利して8強入りを決めた。
24本ものシュートを打たれたが、同点止まりで逆転を許すことなく常に先手を取れたことがよかった。
このカードは何故かアウェイ側が勝つことが多い。今回の会場が三ツ沢だったことが功を奏したのかもしれない。


posted by お千代 at 21:34| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

J1第23節 VSガンバ大阪戦

2-1で勝利。今季初の3連勝。
タダでさえガンバは苦手なのに、現在最下位と嫌な条件は揃っていた。その上、『ベガルタキラー』な渡辺千真に先制ゴールを決められた。
この状態からの逆転勝利は見事だった。
・・・リーグ戦でガンバに勝つのは6年ぶり(^^;)

今年は揃って白星を挙げたことのないベガルタと楽天イーグルス。
今日のイーグルスはベガルタの試合が始まった時点で5-0とリードをしていた。先制された時点では6-0とリードを広げていた。
嫌な気はしていたがベガルタは逆転勝利を収めた。
『今季初の同日白星』を確信してイーグルスの試合経過をみたら・・・逆転されていた orz。
最終回に1点を返したものの負け。
そんなに同日に勝つのが嫌なのだろうか(^^;)


posted by お千代 at 22:44| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

J1第22節 VS湘南ベルマーレ戦

関口のオウンゴールで先制された。が、すぐさま当の関口のゴールで同点に。これで雰囲気が変わった。
前半の内に逆転すると、後半にダメ押しして4-1で快勝した。
関口の復帰初ゴール、ハーフナーの移籍初ゴール、そして西村の初の2桁ゴールとメモリアルがてんこ盛りとなった。
これで3月31日以来久々にホームで勝ち点3を獲得できた。今季2度目の連勝も開幕2試合目以来のこと(^^;)


posted by お千代 at 22:47| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする