2008年01月02日

なんとなんとの金星

全国高校サッカー選手権の2回戦。宮城代表の宮城工業の相手は、名門鹿児島実業。
正直言って、分は悪いというより、負け方が問題、とさえ思っていた。
ところが始まってみれば、宮城工業の方が押し気味だった。
「なんとファーストシュートは、県工業です」
「なんとシュート数は鹿児島実業を上回っています」
実況がやたらと絶叫していた。
そして、前半30分。宮城工業がCKから先制点を奪う。
「なんと先制したのは県工業!!」
「なんと宮城工業がリードして前半を終えます」
さらに解説していた鹿実OBのゾノは、「風上の地の利を利用して上手く点を取りましたね」などと言ってくれた。これは多分、『後半鹿実が風上だから逆転するよ』という意味もあったのだと思う。
確かに後半は一転して鹿実の猛攻となったが、ゴールは死守し逆に2点目を奪った。
「なんと鹿児島実業が2点のリードを許しています」
終了間際、パワープレーに出て来た鹿実に対して、FWを下げて守りきろうとする宮城工業。二人目のFWを交代した直後のロスタイムに3点目を取ってトドメを刺した。
「なんと鹿児島実業が2回戦で姿を消すことになりました」
終始一貫した鹿実寄りの実況だった。ただ、言っていることはもっともだとは思うけど、大げさに絶叫されると腹が立った。終了間際は、いろんなエピソードを紹介しながら、悲劇的な煽りをしていたし、放送終了時の映像も鹿実の選手ばかり。
鹿児島放送のスタッフだから仕方ないのかもしれないけど、もう少し勝者に対する配慮が欲しかった。



にほんブログ村 サッカーブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
ラベル:高校サッカー
posted by お千代 at 18:33| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 鷲さん以外のサッカー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。「不定期更新のスポーツニュース」の管理人のスポーツ職人です。いつもTBではお世話になっております。 
 県工やりましたね。それにしても強豪相手に3-0とは・・・。大したもんです。
 私の故郷である仙台の県工と、現在住んでいる所の近所にある都三鷹との対戦。どちらを応援したらよいか、複雑な心境です。  
Posted by スポーツ職人 at 2008年01月03日 09:31
地元校の快勝には気分がいいもんですね。
ところで、全国レベルで話をすると宮城県立工業高等学校(地元通称:県高)は仙台育英高校や東北高校などの名に隠れてほぼ無名なんですが、実はサッカーに関しては古豪なんですよね。
私が学生だった頃(二昔以上前)はサッカーと言えば東北学院、県高、仙台二高などが強かったんですよね。
本当にここ最近は県予選でも昨年は県立利府高校に惜敗、その前は仙台育英高や東北高の高い壁を突き破ることができませんでしたが、その頃の気概を受け継いだ現在の選手たちはきっと旋風を起こしてくれると思います。
最近三回戦辺りになると見れなくなる公立高校同士の対戦、今日の三鷹高戦が非常に楽しみです。
Posted by 仙台の鷹 at 2008年01月03日 13:50
>スポーツ職人さん
こちらこそいつもお世話になっています。
本当に県工の3得点には、驚かせられました。点が入る度に近所迷惑なぐらい大声あげてしまいました(笑)


>仙台の鷹さん
公立高校同士の対戦は出来れば、もっと上の方で実現してもらいたかったです。
決勝戦のカードであれば最高だったのですが、うまくいかないものです。
Posted by お千代 at 2008年01月03日 17:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック