2020年02月22日

J1第1節 VS名古屋グランパス戦

J1リーグ開幕戦は1-1のドロー。
今年のリーグ初ゴールはシマオ・マテだった。これで先制したものの、追いつかれてしまった。
ただ、先制する前もした後も流れはほぼグランパスにあった。
決められて当然の状況を外すミスが少なくても2回。スウォビィクのスーパービッグセーブが1回。合計4失点で敗北していてもおかしくなかった。
ほぼ負け試合だったのに勝ち点を拾えたのは、不敗神話を持つ松崎しげる氏のおかげかもしれない(^^;)




posted by お千代 at 16:16| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください