2020年02月06日

四大陸選手権 女子SP

紀平首位、坂本4位、樋口5位。
日本の3選手は揃って好スタートとなった。
紀平は全てのジャンプを成功させ、唯一80点を超えて頭ひとつ抜け出た格好になった。ただ、ルッツを戻してジャンプ構成を上げたのにシーズンベストに届かなかったのが残念だ。
坂本はループでオーバーターンをしてしまったのがもったいなかった。演技構成点はトップだった。
樋口は会心の演技でシーズンベストを更新した。
日本選手3人ともフリーでは大技を予定している。2位のテネルと5位の樋口との点差は3点ほどしかないし、最終順位がどうなるのかまったく分からない。去年のこの大会では、SPの上位3選手が誰も表彰台に乗れないという珍事もあったし・・・(^^;)
posted by お千代 at 22:34| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください