2020年01月03日

箱根駅伝 復路

やっぱり青学は強かった。
青学の復路は4人が箱根未経験、1人が去年ブレーキというメンバー構成だった。この5人がそれぞれきっちりと役割を果たした。区間賞を取ったのは1人だけ。しかし他の4人も区間5位以内と大崩れすることなく走った。
結果1度も首位を譲ることなく大会新記録を大幅に更新して優勝した。
2位は東海。一時は2分まで差を詰めたが、逆に差をつけられることもあった。最後に踏ん張って、復路記録を更新しての復路優勝をもぎ取ったが、それが精一杯だった。
そして3位争いもシード権争いも9区が終わった時点で大勢が決まったように思えたのだが、10区にドラマが待っていた。
中継車のいないところでいつの間にか5位に順位を落としていた國學院と6位の帝京が前で併走していた明治と東京国際に追いつき、四つ巴になった。この争いはゴールの1キロ以上手前でスパートをした國學院が制した。
10位と1分ほどの差の11位で襷を受け取った創価が区間新を出す力走で9位まで順位を上げ、初のシード権を獲得した。
本当に勝負は最後まで分からない。
予選会からシード権を取ったのは、東京国際、明治、早稲田、創価。逆に失ったのが、法政、順天堂、拓殖、中央学院。入れ替わり数としては多い方か・・・。
そして復路も8、9区以外で区間新が出た。しかも6区、10区は複数の更新者が出ている。本当に全体のレベルが高かった。それだけにちょっとしたミスが大きな差になってしまった。
ミスをしない選手を10人並べることが出来た青学は、本当に強かった。
ラベル:駅伝
posted by お千代 at 22:03| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください