2019年12月19日

全日本選手権 女子SP

首位紀平、2位宮原、3位坂本、4位樋口とほぼ順当な滑り出しとなった。
しかし回転不足判定がやや厳しめ、スピン、ステップのレベル判定が超厳しめで全体的に点数が伸びなかった。特にスピンは劇渋と思ったのだが、トップ選手が軒並みレベルを落とした一方で、中位以下の選手の多くが3つともレベル4を取れていたりもする。判定基準が2種類あったのだろうか、不思議だ(^^;)
上位陣は全員何らかのミスがあって、案外点差がない。首位の紀平から8位の永井までが10点差以内に収まっている。ジャンプの予定構成から紀平が有利なことに変わりが無いが、優勝も表彰台もこのまますんなりいかないような気がする。

今日観た中で印象に残ったのは、永井優香と本田真凜。最近良い結果を出せていなかった二人が本当に良い演技をした。
そして坂本の演技のフィニッシュからキスクラが楽しかった(^^;)

仙台FSCのジュニア千葉百音が17位でFS進出出来たのも良かった。
posted by お千代 at 22:34| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください