2019年10月20日

快進撃が止まる

ラグビーW杯南アフリカ戦は26-3で敗戦。今大会での日本の戦いは終了することとなった。
前半は僅差で堪えていたのだが、後半は力の差を見せられた感じだった。
特にラインアウトとそこからのモールは歴然とした差があった。
南アフリカは信じられないようなミスを何度もしたのだが、そこに乗じることが出来なかった。
良い試合だったが、『優勝を狙うチーム』と『ベスト8が目標のチーム』の違いは大きかった。
ただ、歴史を作ったことは間違いない。次はベスト8のその先を狙うことが出来ると思う。
posted by お千代 at 21:44| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください