2019年09月19日

ワールドカップ女子 VS中国戦

昨日カメルーンに勝って星を5分に戻した状態での対戦となった。
しかしストレート負けを喫して再び黒星先行となった。
全てにおいて中国の方が上回っていた。セットの序盤は競れていても、中盤ぐらいは引き離されていて、勝てるどころかセットを取る気配が微塵も感じられなかった。
サーブポイントとブロックポイントだけで1セット分ぐらい点を取られていたのでは勝てるわけがない。
そもそも今回のチームは、最近の女子チームにしては覇気が感じられない。特にウォームアップエリアにいる選手達が、どこか他人事のような表情でコートを見ているのが気になる。

ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 21:15| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください