2018年11月25日

フランス大会 男女フリー

男女とも本命が逆転優勝をした。

ネイサン・チェンは4回転3本を降りた。が、所謂『見た目ノーミス』でアテンションが付いたり、コンボでアンダーローテーションがあったりでそれほど点数が伸ばせなかった。
この得点を知ってか知らずしてかジェイソン・ブラウンは4回転を回避した。4回転なしでもノーミスならSPのリードと合わせてネイサンの上に出ることは可能だった。が、アンダーローテーションに抜け、ダブルトーループのオダまであってこちらも点が伸ばせなかった。結果的にネイサンに20点差をつけられてしまったが、プログラムとしてのまとまりは誰よりもあった。
田中は今日もジャンプが不安定で、順位を上げられずに終わった。
そしてボーヤン・ジンは大遭難 orz。4回転ルッツは決めたものの、そこから抜けたり、足りなかったり、オダったり。転倒がなかったのが幸いといったところだ。ジャンプ以外の所を強化中なのだろうが・・・。


紀平は最初のトリプルアクセルで着氷が乱れたところから、2本目を回避してダブルアクセルにした。元々ダブルアクセルを組み込んでいないから、変更は簡単。というより最初からプランとして持っていたと思う。
NHK杯ほどの勢いは無く、丁寧に慎重に確実に滑った感じだった。
三原は最後のサルコウが抜けた。これが跳べていれば・・・と思いたくなる素敵な演技だった。
本田もアンダーローテーションがあって順位を下げてしまったが、良い演技をした。
逆にメドベデワは最初のジャンプで、転倒扱いのステップアウトをしてしまい、動揺したのか最後までらしくない演技だった。そしてシニアに上がって初めて表彰台を逃す結果に・・・。体を作り直すところから始めているだけに今は我慢のしどころといったところか。


グランプリシリーズの最終戦の結果が出たことでファイナルのメンバーも決まった。
男子は、既に決まっている4人に加えて、ネイサン・チェンとチャ・ジュンファン。
女子は、紀平、坂本、サモドゥロワ。日本とロシアが3人ずつの日ロ対抗戦(^^;) ちなみにリザーブも三原、コンスタンティノワ、メドベデワと日ロの選手だけ(^^;)
posted by お千代 at 14:44| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください