2018年11月10日

NHK杯 2日目

いつもだったら午後から夜までフィギュアスケート観戦三昧となるのだが、今日はベガルタ戦と時間が被っていたペアのフリーはパスせざるを得なかった。

今日は何といっても女子フリー。
SPの時点でレベルが高かったのだが、フリーは更にすごかった。
何といっても紀平がトリプルアクセル2本を含む全てのジャンプを加点付きで成功させただけではなく、スピン、ステップもレベル4という完璧な演技をした。出した点数は154。これでもザギトワの出した世界最高得点にまだ届かない。ただ、この演技を続けられたら演技構成点が上がることは他ならぬザギトワが証明している。
この素晴らしい演技でGPSデビューにして初優勝を飾った。
2位は宮原。アンダーローテーション2つとアテンション2つ取られたが、143点を出せるのはさすがだ。
3位トゥクタミシェワ。トリプルアクセルの着氷が乱れた以外はまとめたが、演技構成点が伸びなかった。
4位の三原も演技構成点が渋かった。スピンでの取りこぼしもあった。合計204点はこれまでの3戦なら表彰台に載れていたいたのだが、これはもうアサインの運が悪かったとしか言いようがない。

女子のハイレベルの戦いの反動は今日もきっちり男子にやってきた。
抜けるは、転けるは、レベル取りこぼすはの3重苦(^^;)
紀平の技術点を上回れたのは1人だけという惨状だった。紀平の合計得点を8掛けになっている演技構成点をそのままにした状態で並べても4位、それも表彰台まで0.3差という・・・(^^;)
一番ミスが少なかったのは、最終滑走のボロノフだった。ただ、実施構成の差で逆転優勝とはいかなかった。
盛大な自爆大会の中でボロノフと山本が見せたリカバリは素晴らしかった。特に山本は予定通りに跳んだのは、最後の3連コンビネーションだけ。構成をいじりながらも、コンビネーションは3回入れたし、オダることも無かった。お見事。


posted by お千代 at 23:48| 宮城 ☀| Comment(0) | 徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください