2018年11月10日

J1第32節 VSサンフレッチェ広島戦

4連敗中のサンフレッチェと5戦勝ちなしのベガルタという調子を落としているチーム同士の対戦だった。
そしてアウェイのサンフレッチェ戦は苦手だった。
しかし1-0で勝利することが出来た。
唯一のゴールを挙げたのはサンフレッチェに在籍経験もある石原だった。
交代枠を使い切った終了間際に、椎橋が顔面強打でプレー続行が不可能になり10人で戦わざるを得なくなってしまったが、ゴールだけは死守した。アディショナルタイム6分は長かった。

首位フロンターレは今日の試合で負けた。が、ベガルタが勝ち点差7で追っていたサンフレッチェに黒星を付けたことでフロンターレの連覇が決まった。優勝をアシストした形になったのだが、ベガルタにとってより重要なのは残留が確定したことだと思う。
posted by お千代 at 22:58| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください