2018年07月03日

ロシアW杯 VSベルギー戦

日本が今まで到達したことのないW杯のベスト8。そこに手が届くとわずかな時間でも思えた。
ただ、やはり壁は厚かった。
フルボッコにされる予想も多かった中で、先制したのは日本だった。
さらに3分後に追加点。この展開を予想していた人はいただろうか。
このまま最後まで行ってくれたら、と思ったがそれを許してくれるほどベルギーは甘く無かった。
まさに『2-0は危険なスコア』だった。
1点を返したところからそれまでも凄かったベルギーの攻撃の迫力がどんどん増して、5分後には同点に追いつかれた。
残り15分+アディショナルタイム。何とかゴールを死守し続けた。
しかし、アディショナルタイムも残り1分を切ったところで得たCKをGKにキャッチされたところから鮮やかすぎるカウンターで逆転弾を浴びてしまった。
わずか10秒ほど、まさに電光石火とか言いようのない攻撃だった。
ベルギーには10秒で1点取る技術はあったが、日本にはなかった。
結果は下馬評通りのベルギーの勝利。日本の決勝トーナメント初勝利は4年後に持ち越しとなった。

しかしこうなったら、ベルギーとコロンビアで決勝戦をやってもらいたい(^^;)


posted by お千代 at 13:03| 宮城 ☁| Comment(0) | 鷲さん以外のサッカー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください