2018年06月29日

ロシアW杯 VSポーランド戦

決勝トーナメント進出を決めること。これが最大で唯一のこの試合の目的だった。
勝ち点を1でも積むことが出来れば、達成される。しかし、先制点を取られた事で事態は変わる。
とにかく点を取りに行ったが、打開できないまま時間が過ぎる。
すると他会場のコロンビア-セネガル戦が動いた。コロンビア先制。
先発を6人変えること。前2戦でミスをしていた川島を起用したこと。等など・・・。いくつもの博打をうった西野監督がここで最大の博打を打った。すなわち『何もしない』
セネガルとは、勝ち点、得失点差、総得点が同じだったが、警告数の差で日本の方が上位になる。
最後に勝ち点3が欲しかったポーランドとデータの数字を何一つ変えたくなかった日本の思惑が一致した結果、負けている日本が最終ラインでパス回しをして時間を稼ぐ(^^;)
両チームが揃って攻めるそぶりすら見せないことに当然場内は大ブーイング。異様な雰囲気の中で選手たちは、なりふり構わないパス回しをやりきった。
コロンビアが勝ちきることを期待する他力本願作戦は、失敗したら当然大バッシングを受けることとなっただろう。その覚悟をして取った作戦は当たって、日本はフェアプレーポイントの差でセネガルを上回りグループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。
見ていて面白くなかったし、みみっちい作戦だと思った。
それでも決勝トーナメントにいけることは良かったと思う。

posted by お千代 at 03:00| 宮城 ☁| Comment(0) | 鷲さん以外のサッカー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください