2018年02月23日

五輪女子フリー

凄かった。本当にただ凄かった。
第1グループから良い演技が多かった。が、最終グループは次元が違った。
メドベデワとザギトワの金メダル争いは、特に凄かった。
先に滑ったザギトワは、珍しく最初のジャンプをコンビネーションに出来なかった。が、2度目のルッツにループをつけてきっちりリカバリーして、帳尻を合わせた。
メドベデワは後半に固めていたコンビネーションジャンプを1つ前半に変更して、確実に点を取ってきた。
結果、フリーの点数は同点。SPの点差でザギトワが金メダルに輝いた。
オズモンドは中盤のルッツがステップアウト。1つミスすると連鎖的に崩れることが多かったが、今日は違った。ミスは1つだけで後は完璧だった。パーソナルベストを更新して、SPの順位を守った。
表彰台が全員230点オーバーというハイレベルな戦いだった。
最終グループの1番滑走だった宮原もミスのない完璧な演技をした。懸念された回転不足もひとつなし。圧巻の演技でパーソナルベストを更新したが、後半の3人が強すぎた。
坂本はループがステップアウトとルッツのロングエッジがあったが、良い演技だった。ただ、ノーミスでなかった分点数が伸びなかった。
最終結果は宮原4位、坂本6位。
メダルには届かなかったが、この成績は立派だと思う。
posted by お千代 at 22:20| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください