2018年01月25日

四大陸選手権 男子SP、アイスダンスの快挙

ボーヤン・ジンの初100点超え、そして田中の初90点超えで3位は素晴らしかった。
が、やはり腑に落ちない結果になったのが残念。
単独ジャンプは2つともフリーレッグが付いている。コンビネーションジャンプはセカンドがダブル。これで100点超え、そしてわずか0.32とはいえボーヤンの上は出し過ぎ。
無良は4回転トウループがダブルに抜けてしまったのが大きく響いて10位と出遅れた。

今日一番は、男子ではなくアイスダンス。
村元・リード組がSDの2位から順位を落としてしまったが、3位となりチャンピオンシップで初のメダルを獲得した。
アメリカ、カナダのオリンピック代表がいない状態ではあるが、日本で初どころかアジアでも初となる歴史的大快挙だ。素晴らしい。
posted by お千代 at 22:46| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください