2018年01月03日

箱根駅伝 復路

青山学院強し!
6区で東洋を躱して以降トップを揺るがされることすらなく、総合の大会記録を更新して4連覇を達成した。
2位の東洋も去年の優勝タイムを上回ったのだが、青山が強すぎた。
6区、8区が強いのは周知のことだが、7区がまさか区間新を出すとは他大学にとっては想定外だったと思う。
9区、10区は後続に差を詰められたが、山登りならいざ知らず6分以上の差を覆すことは無理。8区が終わった時点で勝負はついた。
先頭が早いと繰り上げスタートが多くなる。平塚から繰り上げが発生し、区間が進むごとに増えていった。そして今年も戸塚で数秒足りない切ない光景が・・・。繰り上げ襷を用意されながら、何とか間に合った学校もあっただけにより切なかった。
また10区に入った時点でシード権争いは決着したと思ったら、ゴール地点では10位と11位の差が14秒。
安泰と思ったいた東海の3位が残り2キロを切った当たりで6位まで順位を下げたのも驚いた。
予選会組から城西、拓殖、帝京がシードを獲得し、順天堂、駒澤、神奈川がシードを失った。例え優勝候補であっても1人でも大崩れする選手がいたらシードを守ることすら出来ない。戦国駅伝とは良くいったものだ。
ラベル:箱根駅伝
posted by お千代 at 16:24| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください