出雲を制した東海、全日本を勝った神奈川、そしてディフェンディング・チャンピオンの青山学院。この3強が争うと見られていたが、ふたを開けてみたら東洋が1区から1度も順位を落とさず往路優勝を果たした。
この流れは1区で青山の仕掛けに反応するだけでなく逆に利用してトップに立った1年生が呼び込んだ。1年生3人、2、3年が1人ずつという若い布陣は誰一人として崩れることなく最後まで走りきった。
青山は小さな誤算が積み重なった感じ。トップを奪う力はあったと思うし、実際そうなりそうな場面もあった。それが出来なかったのは、去年までの絶対的強さがなかったということなのだろう。

今年は各区間順位変動が結構あったが、特に5区の山登りは凄かった。
『山の神』と言われるほど飛び抜けた選手はいなかったが、早い選手が多かった。青山が追い上げを見せたが、早稲田、城西、法政と小田原中継所を後から通過した大学がより速く走るという中々面白い展開だった。結局法政が区間賞を取ったが、14位で受けた襷を5位まで押し上げた。拓殖4位、城西6位と上位の顔ぶれが中々新鮮だ。
逆に神奈川は5区が区間最下位と大ブレーキで3位だったものを15位まで落としてしまった。こういうことがあるから箱根は怖い。
東海の9位もそうだが、駒澤の13位も驚きだ。神奈川と共に優勝どころかシード権を守れるか否かの状態になってしまった。

総合優勝は東洋、青山が争って、もしかすると早稲田も絡めるかもといった感じた。
最終的な東洋と青山の差は36秒。逃げることが出来るのか、あるいは逆転することが出来るのか、復路が凄く楽しみだ。