2017年12月24日

全国高校駅伝

女子は仙台育英が歴代2位の好タイムを出して優勝した。
1区で7位とはいえトップの差があまりない状態で襷を繋いだことがいい流れを生み出した。2区でトップに立つとアンカーまで1度もトップを譲らなかった。
一時的に差を詰められることはあったが、アンカーの1年生が留学生を抑えて区間賞をとる好走を見せて、終わってみればぶっちぎりだった。
育英が優勝したのは何と23年ぶり(^^;)
『古豪復活』と言われるかも・・・。

男子も育英が出たが、1区で出遅れた。
20位台に沈んでいたのに、3区の留学生がカメラのないところで爆走していて、気がついたら4位まで上がっていた(^^;)
その後4-6位の入賞圏内をウロウロしていたが、こちらもアンカーの1年生が激走して追い上げを見せた。最後はトラック勝負を制して3位をつかみ取った。

久しぶりに男女揃って良い結果となった。
もしかすると男子はもっと上の順位を狙っていたのかもしれないけど・・・。
ラベル:駅伝 仙台育英
posted by お千代 at 16:32| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください