2017年12月20日

迷いに迷って

今日は父方の親戚のところに行くことになっていた。
私は行ったことのない場所だが、父は何度も行っていて道が分かる。と言うので、父に言われたとおりに走ることにしていた。
・・・これが間違いの元だった。
高速を降りて一般道に入った辺りまでは良かったが、次第に怪しいことになっていった。
目に付く標識を読み上げて方向を確認してもらい、その通りに進んでいるのに「何で○○にいるの?」とか「行き過ぎてる」とか・・・。
挙げ句、交差点直前で「確認するから止まってとか」、好きだ直後に過ぎた直後に「今のところ右」とか・・・。
悪いことに親戚の家の電話番号も住所も控えていなかったので、スマホは宝の持ち腐れ状態だった。
結局、通りすがりのお店などに何度か道を尋ねて、何とかたどり着いたが余裕を持って付くはずが大幅に遅れてしまった。
当然、帰り道も分からないので親戚に尋ねた。言われてみたとおりに走ったところ、迷走の起点が分かった。
左折すべき所を右折していて、正しい道を走っていれば5分ほどで着いた。それを行ったり来たり、全然別の方に行ったりで40分以上走っていた orz。

結論、運転しない人の『道を分かっている』だの『案内する』を信用してはいけない。
住所を聞いて経路検索しておくべきだった。


にほんブログ村 日記ブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 17:01| 宮城 ☁| Comment(0) | 徒然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください