2017年11月12日

NHK杯 女子フリー

メドベデワが最初のジャンプで転倒するという珍しいものを見た(^^;) 2つ目のジャンプも乱れたが、これでグダグダに崩れないのがすごい。いつもより勢いがないというか、ジャンプの着氷に余裕が感じられないことが多かったが、しっかりまとめ上げてきた。大きなミスが2つあっても144点出せるのが本当に驚異だ。
コストナーも同じ。ジャンプ構成は低いが、基本に忠実に流れるようにエレメンツを繋いでGOEを稼ぐ。転倒やODAがあっても137点。演技構成点はメドベデワより高かった。
ツルスカヤは女子の出場者の中で一番良い演技をした。オールレベル4でジャンプも全て加点付き。高くて幅のあるディレイドジャンプは見応え十分だった。
女子の表彰台は、SPと変わらず。これによってメドベデワとコストナーのファイナル進出が決定した。

日本勢は17年ぶりに表彰台に乗れなかった。
最上位は宮原の5位。SPから順位を上げたが、やはりまだ完全復活とは行かなかった。抜けの他にアンダーローテーションを取られたのもあった。元々高くないジャンプがさらに低くなってしまったように感じる。回転が認められたものも結構危ない感じのものがあった。
本郷もアンダーローテーションやダウングレードで点が伸び悩み、順位を7位まで下げてしまった。
白岩もミスが出て順位を上げられず8位のままおわった。
posted by お千代 at 00:03| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください