2017年11月10日

NHK杯 女子SP

メドベデワ強し。
ダブルアクセルでほんのちょっと着氷が乱れた所為で79.99。『あと0.01位出して』と言いたくなる点数だ(^^;)
2位にコストナー。難度の低さを演技構成点でカバーで安定の70点半ば。
3位がグランプリシリーズデビューのツルスカヤでここまでが70点台だった。
4位には本郷がつけた。ルッツでアンダーローテーションとアテンションがついた。これがクリーンになれば70点を超えることが出来るのに。
怪我から復帰の宮原は、本郷と僅差だが6位スタートとなった。こちらもルッツがアンダーローテーションになっている。さらにコンビネーションジャンプのセカンドがダブルになってしまったのが痛かった。さすがに11ヶ月ぶりの試合では、『安定・安心の宮原さん』とは行かなかった。
グランプリシリーズデビューの白岩は、ジャンプのミスが重なって8位と出遅れてしまった。ただ、白岩はフリーが得意なので、巻き返しは十分に考えられる。
長洲未来はSPからトリプルアクセルに挑んできた。両足着氷となってGOEがマイナスになったために成功とはならなかったが、回転は認められた。ただ、それ以外のジャンプがアンダーローテーションになってしまって、点数が伸びないのは本当にもったいない。
posted by お千代 at 23:12| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください