2017年09月12日

グラチャンバレー男子 VSアメリカ戦

何もかもがアメリカの方が上だった。
特に差があったのはレシーブ。
日本は今までないぐらい高身長の選手を揃えたといっても、レシーブがきっちりセッターにかえらなければ、高さを活かした攻撃も早さを活かした攻撃も出来ない。攻撃の出所が絞られて簡単にブロックの餌食になった。
途中粘って追いすがるシーンはあったが、結局は力の差をまざまざと見せつけられてのストレート負け。
相変わらず点差が広がるとコート内がお通夜状態になるのは、何とかならないものか。
今大会の出場国は全て日本よりランクが上。1勝でも出来れば御の字だろうが、難しいと思う。
ラベル:バレーボール
posted by お千代 at 21:39| 宮城 ☁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください