2017年08月19日

マモノ降臨

9回裏2死1、2塁からのショートゴロ。1塁に送球され、打者はヘッドスライディングするも及ばす試合終了だと思った。
大阪桐蔭の選手たちは腕を突き上げて駆け出し、テレビの実況も試合終了と言った。ところが塁審の手は開いていた。本当に何が起きたのか分からなかった。まさか1塁手の足が離れているとは・・・。
これで満塁となり、途中出場で初めて打席が回った馬目くんがサヨナラのタイムリー。実はこのヒットは育英が今日の試合で放った唯一の長打。
大阪桐蔭の史上初の偉業を阻止する本当に劇的な勝ち方だった。
あまりにも劇的すぎて忘れがちだけど、負けたかと思ったあの瞬間、2、3塁に行った走者はよく塁を離れなかったと思う。1塁手はボールを持ったまま駆け出していたから、大きく塁を離れていたらそこに投げられてアウトで試合終了の可能性もあった。
そして大阪桐蔭打線を8回に1点取られるまで、きっちりと守ったことが劇的な勝利をたぐり寄せたのだと思う。


にほんブログ村 野球ブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 22:40| 宮城 ☔| Comment(0) | 鷲さん以外の野球 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください