2017年03月16日

世界ジュニア選手権 男子フリー

男子はジュニアといえども4回転が必須の時代に突入した。
ジュニアグランプリシリーズで合計のジュニア最高得点が更新されたが、この大会ではその点数を持ってしても6位以下(^^;)
SP5位から逆転優勝を果たしたヴィンセント・ゾウがたたき出した得点は179.24。その2時間ぐらい前にサモヒンが165.63を出して、フリーのジュニア記録を塗り替えたと思ったら、さらに大きく更新してしまった。ルッツにサルコウ2本と3本の4回転を含むジャンプを全て加点付きで決めたのだから当然といえば当然だ。でもさすがにジュニアの試合で技術点100点超えを見るとは思わなかった。
サモヒンは返す返すもSPが惜しかった。フリー2位の怒濤の巻き返しをしたが、6位に留まった。最終グループだったらもうちょっと点数が伸びていたも(^^;)
日本勢は友野がフリー7位で9位に順位を上げた。4回転サルコウがアンダーローテーションで、トリプルアクセルが2本とも着氷が乱れたのが響いた。
島田は14位と順位を下げてしまった。SP同様4回転もトリプルアクセルもない構成の上、抜けがあっては致し方ない。
それでも来年の出場枠は2をキープできたのは良かった。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:07| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448034058

この記事へのトラックバック