2017年02月20日

四大陸選手権 男子フリー

実に凄い試合だった。最終グループ6人が挑んだ4回転は合計24本(^^;)
これだけでも信じがたいのに、その中でもさらに異次元のことをやってのけたのは羽生、そしてネイサン・チェンだった。
羽生はループ、サルコウは綺麗に決めたが、鬼門になっている2本目のサルコウがSP同様ダブルに抜けた。咄嗟にハーフループに繋いで何かを跳ぼうとしたが思いとどまった。その後トリプルアクセル+ダブルトウループをトリプルアクセル+トリプルトウループに変え、トリプルアクセルからの3連続コンビネーションを4回転トウループ+ダブルトウループ、トリプルルッツをトリプルアクセルに変えるとんでもないリカバリーを見せた。練習でもやったことのないリカバリーを演技の最中に判断してやってのけるのだから凄すぎる。しかも全て規定回数内に収めている。結果的に予定構成とは違う形であっても4回転4本を初めて成功させた。206.67の今季最高得点をマークし、フリーでは1位となったが、金メダルには届かなかった。
ネイサン・チェンが予定より多い5本の4回転を着氷して、4人目のフリー200点超えそしてトータル300点超えを果たした。フリーは羽生に及ばなかったが、SPのリードが貯金となって初優勝を果たした。
羽生は四大陸選手権に3回出場して3回銀メダルという結果になった。

SP2位の宇野は初投入の4回転ループを加点付きで成功。後の3本の4回転も着氷したが、トリプルアクセルを2度とも転倒しまった。コンビネーションも1つしか出来ず大きく点を失う結果になってしまった。
トータルのパーソナルベストは更新したが、290点の壁は越えられなかった。

田中は4回転サルコウを始めとして抜けてしまったジャンプが多かった。これで点数が伸ばせず順位を落とす結果になってしまった。ユニバーシアードとの連戦の影響もあったと思う。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 00:35| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447164960

この記事へのトラックバック