2016年12月25日

全日本選手権 女子フリー

SPに続いてフリーも壮絶だった。
そんな戦いの口火を切ったのが白岩だった。
SPでスピンの終了時に手袋が靴に引っかかって落下。スピン自体も無効になり大きく出遅れてしまっていたが、完璧な演技で130点を越える点数をたたき出した。合計でも185点台に乗せ、がっつりとハードルを上げた。
第3グループの村上もミスのない演技をした。今季一番の会心の出来だった。が、ジャンプの難度を下げた分点数は伸びきらなかった。
浅田はトリプルアクセルに挑戦するも回転不足で転倒となった。他にも抜けたり転倒したり。3連続のコンビネーションジャンプを入れられなかったのは痛かった。それでもステップはレベル4で出来栄え満点の素晴らしいものを見せてくれた。
高得点を取れそうな人が取れなかった結果、第3グループ終了時点で白岩がトップに立っていた。
そして最終グループでは三原がそのハードルをさらに上げた。
ジャンプは全て加点付きで決める文句なしのノーミス演技をして、結果的に表彰台まで駆け上がった。
この三原を超えられたのは、宮原と樋口の2人。どちらもミスを最小限に抑えて、きっちりとやるべき事をやってのけた。
逆にSP2位から表彰台を逃してしまったのが本郷。5位まで順位を下げてしまった。3回転ループが抜けてしまったのが大きかった。他にもコンビネーションジャンプが予定の位置に付けられなかったが、後半、それも最後のジャンプに3回転トウループを付けたことに意地を見た。
宮原が3連覇、2位樋口、3位三原と終わってみればグランプリシリーズで結果を出した選手が表彰台を確保した結果になった。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:57| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック