2016年03月02日

リオ五輪アジア最終予選 VS韓国戦

開始直後から積極的にゴールを狙っていた。
ボールの保持も出来ていたし、良い守備もしていた。
特に前半はシュートも殆ど打たせなかった。
後半のPKの大ピンチは、福元がビッグセーブを見せて相手にゴールを許さなかった。
そして39分、岩渕のシュートで先制。攻めても攻めても点が取れなかったのに、無理に競らずに立っていたら頭に当たったらゴールに飛んでいった様に見えたあっけない決まり方だった。
ずっと日本に向かっていた流れをやっと掴んだと思った。
まさか直後に同点ゴールを決められるとは・・・。それも福元と熊谷が交錯してしまいボールを落とし、それを蹴り込まれるというミスで。
アディショナルタイムのビッグチャンスも決めきれずにそのままドロー。何が何でも勝ち点3が欲しいと取りに行った試合での痛すぎるドローだった。
五輪出場は崖っぷちどころか、体は落ちてしまって何とか手をかけてぶら下がっている状態。果たしてここから這い上がることが出来るだろうか・・・。


にほんブログ村 サッカーブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 22:11| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鷲さん以外のサッカー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック