2014年02月21日

女子フリー -記憶に残る演技-

浅田真央にとても良いものを見せてもらった。
SPで心身ともに本当に追い込まれていただろう。そのまま心が折れてしまっても仕方ない、と思えるほど昨日は憔悴していた。
それが一転しての超絶演技。
トリプルアクセルに始まって、6種類8回のトリプルジャンプを決めた。スピンもステップも乱れは少しもない。本当に凄い演技でパーソナルベストを大きく更新する142.71。でも点数を見た時に『低い』と思ってしまった。技術点では無くて演技構成点の方で・・・。と思っていたら、アンダーローテやらロングエッジやらで技術点も地味に削られていた(^^;) 演技構成点は多分第2グループというのが影響していたのかもしれない。
それでも一気に順位を上げて、最終的には6位入賞。メダルには届かなかったが、後々まで語り継がれるような『伝説』の演技だったと思う。

そして、浅田が驚異の点数をたたき出したことで、最終グループの得点がインフレを起こした(^^;)
それでもコストナーまでは納得出来たのだが、ソトニコワとキム・ヨナは・・・。
ソトニコワは確かに勢いのある演技をしていた。ジャンプが1つ着氷が乱れただけだったけど、149は『盛ったな』と思った。
キム・ヨナに至っては、3回転が4種類しかない、ビールマンはおろかキャッチレイバックも肩口まで足が上がらない、スパイラルも腰の位置まで。何より、ところどころでタンゴっぽいポーズと顔の表情が一瞬芸の様に入っていたが、基本的につまらなそうに要素を淡々とこなすだけの演技とも言えない滑りが浅田より点数高いなんてね。
結果はソトニコワが逆転して、ロシアの悲願を達成。キム・ヨナが銀。コストナーが銅。
・・・コストナーの演技が一番良かったと思う(^^;)

日本勢は鈴木がSPの順位を守って8位入賞。村上は12位まで順位を上げた。
二人ともミスはあったけど、良い演技だった。

改めて思ったことは、女子シングルの選手たちは心が強い。これは日本に限らず、世界的に言えることのようだ(^^;)
男子の自爆大会とは一転、パーソナルベスト更新連発のしびれるような戦いだった。




にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:17| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック