2014年02月15日

男子フリー -初の金メダル-

一言でいうと自爆大会だった(^^;)
『オリンピックの魔物』は、実に精力的に活躍してくれた。
これまで幾度となく精神的な強さを見せてきた羽生でさえ、金メダルという名を纏った魔物にとりつかれてしまった。
冒頭の4回転サルコウで転倒。これは織り込み済みだったが、フリップでまさかの転倒をした。その後は何かバタバタとした余裕の無い演技になってしまった。コンビネーションがひとつシーケンス扱いになったりなど後半のジャンプでもミスが出たが、最後まで何とかまとめ上げた。点数は当然自己ベストに遠く及ばなかった。
直後のチャンは、普通にやれば逆転で金メダルを手にできる状況になった。そして、最初の4回転3回転のコンビネーションジャンプを完璧に決めた。GOEが+3の満点ジャンプ。この時点で羽生の金はないと思った。しかし、ここで魔物が顔を出す。転倒こそしなかったがジャンプの着氷が乱れまくった。苦手なトリプルアクセルならともかくとしても、ダブルアクセルでステップアウトしたのには本当に目を疑った。ステップも気ぜわしいものだった。
結局、大きなミスを2つした羽生と小さなミスを積み重ねていったチャンはほぼ同じ得点となった。つまりSPのリードが活きて羽生の勝ち。
日本男子フィギュアで初めての金メダルを獲得することが出来た。

大混戦だった銅メダル争いは、第3グループの第1滑走だったSP9位のデニス・テンが制した。
SP3位のフェルナンデスは、出だしは良かったのにトリプルサルコウの回数違反をしてしまった。最後のサルコウジャンプの点数を失ったことでメダルも失ってしまった。

町田は4回転の転倒とルッツの抜けがあったが5位まで順位を上げた。ただ、どちらでも決めていたらメダルに手が届いていただけに本人としては悔いが残る事になったと思う。

高橋は転倒は無かったが、4回転のダウングレードとトリプルアクセルがアンダーローテにシーケンス扱いとなってゴッソリと点を失ってしまった。ただ、演技後半には穏やかな笑みを浮かべながら滑っていたのがとても印象的だった。6位に順位を下げてしまったが、3大会連続入賞は素晴らしい事だと思う。
日本勢はバンクーバーに続いて3人全員が入賞と、改めて層の厚さを示した。

金メダル争いの2人が共倒れして、微妙な雰囲気になった会場の空気を戻してくれたのはジェイソン・ブラウン。終始笑顔で演技し、柔らかな空気を醸し出す彼を最終滑走に配したは、魔物からのちょっとした心づかいだったのかも・・・(^^;)





にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:46| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック