2007年03月04日

サバイバルレースの意外な結末

夏に行われる世界陸上の男子マラソンの代表選考の最終レースであるびわ湖毎日マラソン。
スタート時に気温16度、途中では20度を超すという過酷な条件でのレースとなった。
その所為か、序盤からスピードは上がらず、10キロから20キロにかけて、先頭集団の人数が増えていくというみたことのない状況も発生した。
遅いペースに業を煮やした坪田がちょっとスパート。ここからサバイバルが始まった。30人以上いた先頭集団が一気に半分ほどになり、その後徐々に脱落者が出た。それも調子良さそうに淡々と走っていた選手が、急に足が動かなくなり集団から離されていく。
最初に勝負を仕掛けた坪田自身も30キロを目前にして先頭集団から脱落した。
そして、暑さに強いアフリカ勢4人が真価を出し始める。そこに最後まで食らいついた日本人選手は、なんと一般参加の阿部。ただ、自力の差はいかんともしがたく、徐々に引き離されていった。
アフリカ勢4人は駆け引きをしながら走っていたが、残り3キロでそれまでのスローペースを払拭するスパートを開始。その中でラマダニとキプラガトが互いの意地をぶつけ合うような走りを見せた。抜きつ抜かれつで競技場に戻り、ゴール200メートル手前でラマダニがキプラガトを振り切って優勝した。
日本人トップは6位の久保田。これまた一般参加選手。早い段階で先頭集団から離されたが、その後粘って落ちてくる選手を確実にとらえて日本人トップの座をつかんだ。記録も自己ベストを出したが、内定を取るには遠く及ばなかった。
国内招待選手は、10位(日本人4位)が最高位という、何ともいえない結果に終わった。

これで代表選考レースは全て終了。
日本人の結果は次の通り。
・福岡国際マラソン
奥谷 亘  2:08:49
諏訪 利成 2:08:52
尾方 剛  2:10:48
・別府大分マラソン
藤田 敦史 2:10:23(優勝)
佐藤 敦之 2:11:16
原 和司  2:12:44
・東京マラソン
佐藤 智之 2:11:22
入船 敏  2:12:44
・びわ湖マラソン
久保田 満 2:12:50

奥谷は内定しているので、残りは4人。
藤田と佐藤智之は、福岡を走ってそれぞれ8位(2:11:50)と10位(2:12:29)になっている。選考レースを2回走っていることがどう評価されるか。
そう考えると、実績もある諏訪と尾方は選ばれそう。
後はただ一人『優勝』のアドバンテージを持っている藤田と、タイムがよかった佐藤敦之。
こんな感じになるのではないか、と勝手に予想しておく。



ブログランキング にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
posted by お千代 at 16:43| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

サムソン・ラマダニが優勝@びわ湖毎日マラソン
Excerpt: 世界選手権・男子マラソン(8月、大阪)の最終代表選考会を兼ね
Weblog: ネット社会、その光と闇を追うー
Tracked: 2007-03-04 19:16

人がいなくて困ってますby日本陸連 【陸上 男子マラソン】
Excerpt: ~スポーツナビより~ 今夏の世界陸上選手権大阪大会の最終選考を兼ねた、びわ湖毎日マラソンは4日、大津市の皇子山陸上競技場発着のコースで行われ、日本勢は振るわず、2時間12分50秒で6位の..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2007-03-06 01:07