2006年12月29日

『華の乱』の結末

フィギュアスケート全日本選手権女子シングルフリー。
最終グループの6人がどんな演技をし、誰が表彰台に登るのかが非常に注目だった。

まずは恩田美栄。演技する前から表情がとても硬かった。演技中も表情が和らぐことはなく、全体的にさえない印象のまま終わってしまった。曲が難しい所為もあったのでは無かろうか。とても残念な結果だった。

中野友加里。
SPで3位につけていたので、順位キープの為にトリプルアクセルは回避するのではないかと思っていた。が、果敢な攻めの姿勢で挑戦。残念ながら転倒してしまったが、その後はミス無くまとめた。見ていてとても心地よい演技だった。

浅田真央。
今シーズンのフリーは、冒頭のトリプルアクセルが決まるか否かが、全体の出来を左右していた。だから、綺麗に着氷した瞬間、『優勝が決まった』と思った。
1度だけトリプルの予定がダブルになったのはあったけど、ほぼ完璧。演技をしているというよりは、淡々と技をこなしている印象にしかならないのだが、凄いことは確かだ。
史上初の200点は出るだろうと思ってはいたが、予想を超えた211点台。いや、本当に大盤振る舞い(笑)

村主章枝。
『驚異の追い上げ』を期待したのだが、残念ながら、トリプルの回転不足&両足着氷というSPを同じミスをしてしまった。それも2度も。
これで、10年間守ってきた全日本の表彰台を手放す事となった。
点数アップのためにドーナツスピンを取り入れているのだけど、この人の場合やらない方が良いような気がしてならない。体の固さを強調してしまうだけに思えるのだ、今回は特に、綺麗なドーナツスピンを見せる中野、浅田の後の滑走だっただけに悪目立ちだったと思う。

安藤美姫。
序盤は良い出来だったが、終盤に肩を痛めるアクシデントが発生。スピンを途中で止めてしまい、右肩を押さえてしまった。一瞬、棄権するかとさえ思った。・・・多分、去年の安藤美姫であれば、演技を止めていただろう。
だが、諦めずに最後まで演じきった。しかも、上がらないはずの右腕を挙げてビールマンスピンまでこなした。この精神力は凄い。
フリーでの点数は伸びなかったものの、SPの貯金が利いて2位をキープ。諦めなかったことが世界選手権への道を開いたとも言える。

浅田舞。
最終組の最終滑走の重圧に潰されてしまった感がある。
ミスが多く、順位を下げる結果となってしまった。

最終結果は、1位浅田真央、2位安藤美姫、3位中野友加里。SPの順位のままであった。世界選手権の代表もこの3人。一発勝負の選考と明言されてはいたけれど、その通りとなったことは喜ばしい。特に去年選考ルールの壁に泣かされた中野友加里が選ばれたことが・・・。
男子は、高橋と織田。アイスダンスは、渡辺・木戸組。どちらも順当。やはり一発選考は分かりやすくて良い。

しかし、フジテレビ。代表のコメントの放送を渡辺・木戸組だけカットするというのは、どういう了見だちっ(怒った顔)



ブログランキング にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
posted by お千代 at 22:29| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(9) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日見ました。
浅田真央は完璧。滑り出してから他の人とはぜんぜん違うし、滑っている時のオーラというか、会場の張り詰めるような緊張感が見て取れた。この人スゴイ、16歳とは思えない。
ノーミス、すべりに安定感があるし、途中で「あ、遊んでいるな」とさえ感じた。滑り終わった後のガッツポーズも出て、伊藤みどり以来の天才再来ですな。
あと、昨日書いていた3年ぶりに復活したというバレエやっていた人、私も今日見て足のつま先から手の指先まできれいだなと思った。
Posted by ゴールドレンジ at 2006年12月29日 22:49
>ゴールドレンジさん
真央ちゃんの技術は本当に凄いです。何せまだ16歳ですからね。今後は技術だけではなく、表現力も磨いてもらいたいです。そうしたら、鬼に金棒ですよ。
ただ、女の子は17、8歳で体型が変わりますから、その時期をうまく乗り切れるか・・・。伊藤みどりも安藤美姫もこれでジャンプが飛べなくなりましたから。

3年ぶりに復活したのは、太田由希奈さんですね。この人は本当に綺麗ですよね。
あの指先に見とれてました(笑)
Posted by お千代 at 2006年12月29日 23:16
こんにちは。
大奥ファンの私さ、この「華の乱」という題名にやられてしまいました。
全日本フィギュアの激しい女性同士の争いは、大奥を凌ぐかも。
応援していた安藤選手が途中で演技を止めそうになったときは驚きましたが、よく最後まで滑ってくれたと思います。今でも安藤選手が体勢を立て直し、前を見たときの表情が脳裏に焼き付いています。この先に世界選手権があるんだという顔でした。
その後のステップは、肩が上がらない痛々しいものでしたが、名古屋のお客さんの手拍子で後押しされる姿は感動的でした。
世界選手権は見に行くので頑張って欲しいです!
Posted by haru at 2006年12月31日 12:30
>haruさん
お褒めいただき恐縮ですが、実は『華の乱』という表現は、実況アナが言っていたんですよ。それを借用したわけです。
でも壮絶な女の戦いは、大奥に通じるものがありますよね。
安藤選手には、世界選手権で是非とも雪辱を果たしてもらいたいです。
Posted by お千代 at 2006年12月31日 20:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

フィギアスケート全日本選手権、女子シングル、浅田真央優勝☆、安藤ミキティ2位。
Excerpt: フィギアスケート全日本選手権2006、女子シングル、フリープログラム。 SP上位6人のうち、最初に登場の地元・恩田美栄さん、ワインレッドの衣装でレッドバイオリン。ジャンプは高かったが、3回転が1回転に..
Weblog: 思いつくまま
Tracked: 2006-12-29 22:40

≪フィギュア・全日本選手権≫男子・高橋大輔2連覇!女子・浅田真央が初優勝!
Excerpt: 4回転決めた!高橋が2連覇  フィギュアスケートの全日本選手権第2日は28日、名古屋市総合体育館で行われ、男子フリーでSP首位の高橋大輔(20)が、256・08点の高得点を出して連覇を果たした。序盤..
Weblog: 局の独り言。
Tracked: 2006-12-29 23:20

全日本フィギュア 女子フリー
Excerpt: 浅田真央が200点超えV、2位は安藤美姫、3位は中野。  フィギュアスケートの全日本選手権最終日は29日、名古屋市総合体育館レインボーアイスアリーナで行われ、注目の女子は16歳の浅田真央(愛知・中京..
Weblog: 底辺で「おーぼーげー」を叫ぶ
Tracked: 2006-12-29 23:30

感動!!安藤美姫アクシデントも2位!<スケートアメリカ>
Excerpt: 良かったあ!良かったよ!! 211点!?こんなのどうやって抜かすの?空でも飛ばない限り無理だ。 ということで安藤選手の演技。これで気楽に演技できるなとかえってほっとした。なんとか冒頭の3回転3回転..
Weblog: V35スカイラインクーペが欲しい!
Tracked: 2006-12-30 01:03

女子フィギュア、真央ちゃんが勝利
Excerpt: 今日はネットが空いている。アクセスが速い。光のスピードを実感中。 フィギュアスケ
Weblog: ナゴヤ人伝説。税理士バッキーの日記帳
Tracked: 2006-12-30 09:10

フィギュア全日本選手権で浅田真央が優勝
Excerpt: 全日本フィギュアGPファイナル女子フリー演技が行われて SP1位の浅田真央が優勝し世界選手権の切符をGETした 浅田真央は女子初200点越えで他を圧倒して優勝を果たし SP2位の安藤美姫2位..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2006-12-30 09:24

第75回全日本フィギュアスケート選手権大会 女子シングル
Excerpt: 注目の女子はどうなんでしょうか?
Weblog: 多数に埋もれる日記
Tracked: 2006-12-30 09:48

12.29 の出来事
Excerpt: サッカー天皇杯、元日決勝はG大阪―浦和  サッカー・天皇杯準決勝(29日・国立、静岡)――J1のG大阪と浦和が接戦を制し、決勝に進出した。  J2札幌と対戦したG大阪は、序盤から優勢。加地と前田の..
Weblog: ニュース☆もう新聞紙は要らない
Tracked: 2006-12-30 17:04

12.29 夜
Excerpt: サッカー天皇杯、元日決勝はG大阪―浦和 12月29日19時32分配信?読売新聞 天皇杯準決勝、シュートを決め喜ぶ浦和の小野(左から2人目)とかけよるブッフバルト監督(左端)たち ..
Weblog: 地球の日記☆マーク♪のblog☆
Tracked: 2006-12-30 17:10