2006年03月25日

それぞれが持ち味を発揮

フィギュアスケート世界選手権女子シングルSPをテレビ観戦。
結果は午前中のうちにネットで見て知っていたけど・・・。ついでに夕刊にも写真入りでデカデカと載っていた。

恩田美栄。予選の時より数段良い演技。本人も手応えを掴んだような表情をしていた。
中野友加里。パーソナルベスト更新も納得の出来だった。彼女がキス・アンド・クライで笑顔を見せていたのって久しぶり。
村主章枝。3回転ジャンプの着氷がちょっと乱れたものの、こちらもパーソナルベスト更新。情感たっぷりに魅せてくれた。
恩田は順位をひとつあげたけど、中野、村主の順位は変わらず。ただし、コーエンとロシェットが予選の時の順位が入れ替わって、コーエンがトップ。さすがにSPは強い。
全ては明日のフリー次第だけど、上位は点差が案外少ないからちょっとしたミスが明暗を分けることになると思う。
フリーの滑走順は、最終組の一番滑走がコーエンで、次がSP3位のマイズナー、その次が村主。これって、村主の順位違うけど、トリノと同じパターンだね。
そして、中野は最終滑走。
明日はどんな演技を見せてくれるのか本当に楽しみ。
でもまた、テレビ観る前に順位知ってしまいそうな気がする(^^;)



その他のスポーツ - スポーツ(観戦)

にほんブログ村 スポーツブログへ
posted by お千代 at 23:30| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック