2010年02月26日

【バンクーバー五輪】フィギュアスケート女子シングル フリー

男子に続いて女子も全員入賞。
これは本当にすごいことだ。
そしてもう一つ、浅田真央のトリプルアクセル2度成功。SPと併せて3回の成功は歴史に残る偉業だと思う。
その偉業を持ってしても金メダルに届かない採点システムは、やはりどこか歪んでいる。確かに氷に足を引っかけジャンプを飛び損ねるという大きなミスをしているけど・・・。

簡単な技をきれいにやった人の方が点をもらえる現在の採点システムでは、大きなミスなく滑ったキム・ヨナが金メダルを取ったことに異論はない。しかし、あの150点という得点は異常なんてものではない。このまま男子と比較しても9位になる。男子の方が構成要素が1つ多く、女子の点数が8掛けされるのに。コンポーネントスコアでは、男子の最高得点を出した高橋大輔を遙かに超えている。アンビリーバボーすぎる。
浅田真央が演技をする前に勝負がついてしまっていた。
さらにいえば、浅田とロシェットがほぼ同じ点というのも何だか・・・。ロシェットもいい演技はしたけど、SPほど訴えてくるものがなかった。転倒こそなかったけどジャンプのミスも1度ならずあったのに。
全体的な出来としては、安藤美姫や長洲未来の方が良かった。
長洲未来はあの時点で3位につけていたのがロシェットじゃなかったら、表彰台に滑り込めたのではないか。点数が出てくるまでに時間がかかっていたのは、何か政治的な力が働いたのではないかと邪推したくなる。

鈴木明子は、SP11位から順位を上げて入賞を果たした。4位から11位まで4点弱の間で団子状態ではあったけど、よく力を出し切った。
フリーに滑った24人の中で『もう1度みたい演技を一つだけ挙げろ』と言われたら、迷わず彼女を選ぶ。本当に素晴らしい演技だった。

それにしても・・・。この採点システムを続けていったら、キム・ヨナのような冒険心のない同じような演技をする選手ばかりになって、競技そのものがつまらなくなるだろう。ちょっとばかりフィギュアスケートの未来に絶望したくなるオリンピックになってしまった。それが何より残念でならない。



にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:42| 宮城 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現行の採点方法の最大の欠陥はどれほど技術や演技力、表現力を磨こうと、結局最終的には審判のさじ加減(加点)ひとつで「あらゆる高度な技」の点数(すなわち基礎点)を完全に無視して採点されてしまうところでしょう。
これほど恣意的な採点基準では競技そのものが成り立ちません。
Posted by 通りすがり at 2010年02月27日 00:00
現行の採点法も問題ですが、もっと重要なのは「採点基準の曖昧さ」です。
例えばスピンひとつとってもレベルを獲得する要素はいくつかありますが、ジャンプの回転不足をどこで判定しているか?と同じく、・・・いえ、もっと曖昧かもしれません。「難しい姿勢で難しい事やってますよぉ!?」とアピールする為の方法を浅田選手は特に突っこみドコがないくらいハッキリとジャッジにアピールできる手段をとらないと認定して貰えていません。
 一方キム選手は、審判が要素をみたしていると言ってるんだからOKなの!!という微妙な項目で、レベル認定の要素を満たしているので、無理な姿勢をとったり、特に難しい内容をこなす必要がないので、ジュニアでもできる内容の動作を数年の時をかけて綺麗にみせることだけに重点を置いているのです。
早い話、浅田選手や他の選手が綱渡り状態で演技している状態でやっとレベル4をもらい、そこから「いかに余裕をもってやってますよぉ」とみせるかで、加点を貰うのですが、キム選手は出来て当たり前の動作を地面で演じ、そこから余裕の笑みで加点・目線を向けて加点・・てな勢いで尋常ではない大盤振る舞いを受けている状態なのです。(国外ではキムヨナは息をするたびに加点を貰っていると揶揄する記事が出た程です)

マスコミは、基礎点のレベルをとる難しさと加点の要素を3Aと絡めて報道することで、スピンやスパイラル等、他の要素での両選手の技術の難易度の違いを全く報道してません。
安定感が違うとか、色気がどうとか、くだらない事を言う前にジャンプは勿論、その他の項目において、何故そのレベルで認定され、滅多にお目にかかれない2点以上の加点が何故一人の選手に当たり前のように出ているのか?理論的に説明して欲しいものです。

もっとも、解説に立つスケーターが「審判の判定を待たないと・・」としか言えない状況では難しいというか・・出来ないでしょうね。
これ程馬鹿げた悪質極まりない扱いを受けて相手を称える特番まで組む国は日本だけでしょう。
浅田選手に対しては当然のことですが、その他の選手や、これまで活躍されてきた選手の人達に対する冒瀆だと、何故わからないのでしょう?

首相まで「日韓の素晴らしい対決で盛り上がった」なんてコメントを出す始末。
国力がいかに弱いかを全世界にアピールした事に気づくのはいつでしょう?

ついでに言うと、男子は女子よりも競う項目数が多いです。この事も考慮して男女混合で競った場合を想定してもキムヨナ選手の一人勝ちになります。
日本はロシアやアメリカをも女子より弱い選手しかいないと公言したことになるのです。
Posted by ジャッジの暴走を許すな at 2010年02月27日 09:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック