2010年02月01日

ゴールデンスランバー

仙台に住まうものとして見ておきたかった1本。ちなみに原作は未読。

展開は『あり得ないでしょ』と突っ込みたくなることが1度ならずあるけど、テンポ良く進んで面白かった。
逃亡劇なのに悲壮感はあまりなく、笑えるシーンも多かった。コメディの1歩手前という感じ(^^;)
・・・ご当地ならではの笑いポイントもあるし。
2シーンしか出番のないお父さんが凄く良い味を出していた。
見知った場所がゾロゾロ出てくる点も楽しかった。おかしな場所のワープもない点も良い。首相暗殺現場からの逃走経路は、ちゃんとその通りに移動出来る。
結末は『良く出来ました』かな。結局の所何も解決しないし。
おそらく何一つとして自分の意志ではなかったであろう青柳の偽物くんが一番気の毒だ(^^;)


それにしても公開3日目でパンフレットが売り切れ、入荷予定不明って・・・。某シネコン、ちょっと酷くないか。



にほんブログ村 日記ブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:33| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック