2010年01月22日

余計なことまで

IEの臨時パッチ公開、できるだけ早く適用を

この臨時パッチを適用しようと、Windows Update を実行した。
そのこと自体は何事も無く終了。指示されたとおり再起動を行ったところ・・・。
Kaspersky がエラー音を発して、動作を停止した。
表示されたメッセージは、『定義テータベースが破損しています』(-_-;)
どう考えても Windows Update が原因というか、きっかけ。
定義データベースを再取得することで問題は無くなったのだが・・・。
セキュリティの脆弱性を回避するためのモジュールが、他社製とはいえセキュリティ・ソフトに悪影響を与えるのは如何なものか。


にほんブログ村 日記ブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
posted by お千代 at 23:56| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック