2009年01月25日

復活のV

渋井独走8年ぶりV!世界代表/マラソン

前半から飛ばしては30キロ過ぎに失速する、というレースを繰り返していた渋井が、前半のスローペースに焦れた様子も見せながらも集団の中で走り、30キロ手前でスパートする今までとは違ったレースを見せた。
また渋井が自重したことで、リディア・シモンが集団の先頭を走ったり、大阪城内を10人以上の集団で走るという今までには見たことのない大阪国際女子マラソンになった。
渋井が抜け出したのは、その大阪城を出る直前。赤羽が食らいついて2キロほど併走したけど、結局は渋井の経験と執念が勝って突き放されてしまった。
これで渋井が世界選手権の代表に内定となった。2位には初マラソンの赤羽。ゴール時点で渋井に2分ほど差をつけられたとはいえ、2時間25分台とタイムもまずまずだし、終始先頭集団で勝負していたから、こちらも代表になる可能性は高いと思う。北京五輪の1万メートルの代表2人が好結果を出してくれたことは、1万で世界選手権を目指す選手たちにとっては朗報となったかも(^^;)

1982-2007 大阪国際女子マラソン Song by THE ALFEE [DVD] 夢よ急げ~大阪国際女子マラソン イメージソング・アルバム


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!

posted by お千代 at 22:57| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

大阪国際女子マラソン~渋井5年ぶりのマラソン優勝
Excerpt: ベルリン世界陸上代表選考を兼ねた大阪国際女子マラソンは、東京国際女子マラソン4位から中69日で望んだ渋井陽子(29)=三井住友海上が2時間23分42秒で優勝し、04年ベルリンマラソンで当時日本最高記録..
Weblog: 続・今日も内角攻め!
Tracked: 2009-01-26 19:08