2009年01月02日

山の神を超えた

今年の箱根駅伝往路はとても見応えがあった。
駒沢、東海、順天堂といった有力校がなかなか順位を上げられない状態に陥ってしまった反面、各区間での順位変動が大きかった。そして、区間新記録やごぼう抜き記録もひとつならず作られた。
その中でも一番インパクトがあったのは、やはり5区東洋大の柏原くん。
襷を受けたときの順位は9位。トップとの差は4分58秒。これをひっくり返して、母校に初の栄冠をもたらした。しかも区間記録を47秒も更新して。
『山の神』今井くんが4分9秒をひっくり返し、区間記録を作ったときに『この記録は当分破られないだろう』と思ったのだが、わずか2年後に1年生によって破られるとは・・・。本当に凄いランナーが出て来たものだ。ただ、柏原くんが新しい『山の神』となるかは、今年の出来だけで判断するのは早計と思うけど。

東洋が往路優勝したといっても2位の早稲田との差は22秒だし、出場23校中21校が時差スタートとなる激戦。明日の往路も目か離せない事だろう。


にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
ラベル:箱根駅伝
posted by お千代 at 21:48| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック