2008年08月19日

女子バレー準々決勝敗退

ブラジルとの準々決勝。
この試合、見ることが出来たのは第3セットだけ。
序盤は日本がリードしていたけど、12-10からのブラジルの集中力は凄かった。日本に追いついた後一気に攻め立ててきた。
これに日本は全く対応が出来なかった。
多分第1セット、第2セットも同じように一気に突き放されたのだろうと予想出来た。
最後は、まさにトドメと言わんばかりの凄いスパイクを決められて、オリンピックを終えることとなった。



にほんブログ村 スポーツブログへ

仙台人気ブログランキング
人気blogランキングへ
CoRichブログウォッチ!
ラベル:北京五輪
posted by お千代 at 22:06| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

4年前と同じ結果に終わったにしても、悔しさをあらわにするでもなく立ち尽くしていた選手らがほとんどだったようで…。

佐野、荒木選手らの頑張りはあっても結局、上積みを感じなかったというか、4年間が何だったのか?という思いしか残らないですね。

また男子は未勝利に終わりましたが、こちらは久々の五輪出場という分、これまでの時間のなかで開いた世界との差を埋めていくための再スタートという感じだったと思います。

一つ一つの課題を見つめ直し、もっと世界で戦える力をさらに磨いてほしいですね。
Posted by KOJI at 2008年08月20日 20:15
>KOJIさん
こんばんは。
結局女子は、4年間進歩した様でしていなかったことが、はっきりしてしまいましたね。
男子は、オリンピックを知ることが一番大きな収穫でしょう。ここからの4年が勝負ですね。今回の女子の様なていたらくにならない様精進して欲しいものです。
Posted by お千代 at 2008年08月20日 20:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

柳本ジャパン5位、植田ジャパン5戦全敗
Excerpt: 女子準々決勝を行い、1次リーグA組を2勝3敗の4位で突破した日本は0-3でブラジルに敗れ、88年ソウル以来の準決勝進出はならなかった。日本は前回アテネと同じ結果に終わった。 柳本晶一監督の交代は..
Weblog: 続・今日も内角攻め!
Tracked: 2008-08-20 19:18