2020年10月18日

異例の

町内会の防災訓練があった。
といっても、決められた時間(災害発生時)に無事を知らせる旗を玄関先に掲げるだけ。
例年なら避難して、消火器やAEDの使い方講習があったり、消防署員からの訓示があったり、炊き出しがあったりするのだが、このご時世大勢の人が集まったり、大鍋から料理を取り分けたりということは避けるべきということになり執り行われなかった。
参加した人がもらえる賞味期限が近くなった備蓄食料は、全戸配布になり理事さんが1軒1軒回っていた。ご苦労様だ。



posted by お千代 at 19:41| 宮城 ☁| Comment(0) | 徒然 | 更新情報をチェックする