2020年01月02日

箱根駅伝 往路

創価大が初めて区間トップで襷を渡すという意外な展開から始まった令和初の箱根駅伝は、見所満載だった。
めまぐるしく順位変動はあるし、2区から5区まで区間新が出た。それもとんでもない記録も飛び出した。
気象条件にも恵まれて、解説が『ストップウォッチが壊れているのかも』等と冗談が出るほどの記録ラッシュだった。
そんなレースを制したのは青山学院。
区間賞を取ったのは1人だけ。しかしそれ以外の4人も区間1桁で走り、崩れた選手は一人もいなかった。その結果、往路記録を5分以上縮める記録をたたき出した。
ただ青山だけが好走をしたわけでは無い。往路記録を上回ったのは青学含めて4校もあった。すごいスピードレースだった。
2位に國學院、3位が東京国際というのも新鮮だ。
東海が4位、駒澤が8位というのも驚きだが、東洋が11位に沈んでしまったのが本当に驚いた。区間新記録を2区間で出しているのにこの順位とは・・・。
今日の展開からして、明日がこのままの順位で落ち着くとは思えない。優勝争い、シード争いがどうなるのかワクワクする。
ラベル:駅伝
posted by お千代 at 21:15| 宮城 ☀| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする