2019年08月10日

J1第22節 VSFC東京戦

決定的なピンチを招くことなく良く守っていた。
ただシマオ・マテが永井を倒してしまいPKを取られた。
このPKをスウォビィクが完璧に止めたのだが、蹴られる前にラインから前に出たということで蹴り直しとなってしまった。しかもイエローカード付き。
そして蹴り直しはコースを読んでいたものの決められてしまった。
これが決勝点になってしまった。
相手にではなく、この8月から導入された新ルールに負けてしまった感じがする。ルールに適応できなかったのが悪いと言われればそれまでだが・・・。


posted by お千代 at 21:48| 宮城 ☀| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする