2019年04月28日

J1第9節 VSガンバ大阪戦

ビッグチャンスを決めきれなかった後にCKからの先制点を奪われた。
どこかで見たような展開だったが、今日はその後が違った。
前半の内に追いつくと、後半に逆転ゴールを決めた。
平成最後を勝利で締めくくることが出来た。
同点ゴールは永戸のシュートが相手に当たってコースが変わって入ったもの。これがオウンゴールにならなかったのは、クリアをしようとしたのでは無く、キーパーに取ってもらおうと頭を下げたら避けきれずに当たってしまったからなのだろうか。永戸はこれがプロ初得点。認められて良かった。
逆転、そしてベガルタに取って平成最後のゴールは、長沢だった。リーグ戦初得点で古巣への恩返し弾でもあった。
そして両ゴールともアディショナルタイムに生まれている。長いこと眠っていた『ユアスタの魔物』が目を覚ましたのだろうか・・・。



posted by お千代 at 16:33| 宮城 ☁| Comment(0) | 泉の鷲さん | 更新情報をチェックする