2018年11月09日

NHK杯 1日目

ペアSP、女子SP、男子SPと見て大まかな傾向としては、判定甘めで気前が良いといったところ。ただやはり全員に同じ基準で採点しているように思えない。

須崎・木原組は大きなミス無く滑ってシーズンベストを出したが最下位スタート。
木原の怪我の影響もあって始動が遅れたこともあるので、致し方ない。

女子の上位陣は神演技揃いだった。
1番滑走のレオノワがノーミスしたことで大盤振る舞いになったのかも(^^;)
68点無いと第2グループに入れないというのは、これまでのGPSではなかったことだ。
紀平とトゥクタミシェワのトリプルアクセル対決第1戦は、クリーンに降りたトゥクタミシェワの勝ち。ただ、アンダーローテーションで転倒した割に紀平は点数が出たと思う。
そのトゥクタミシェワがノーミスで首位。
宮原はトリプルアクセルとダブルアクセルの基礎点差をスピンのGOEと演技構成点で埋めて僅差の2位だった。
三原はアンダーローテーションを1つ取られたが70点に乗せて3位発進となった。

女子が神演技揃いになると・・・。
案の定、男子は自爆続き(^^;)
ただ最後の最後にディフェンディングチャンピオンのボロノフがノーミスで試合を締めたくれた。男子で唯1人のクリーンな演技。
しかし点数が・・・。
確かにボロノフは4回転は1本だけだし、繋ぎも多いとは言えない。だからといって4回転2本とはいえ、転倒+コンボ抜けより下というのは、僅差であっても納得しかねる。
1人だけ基準が違う(と思える)ような採点は競技そのものへの失望感にも繋がりかねないと思うのだが、ジャッジ団の見解を聞いてみたいものだ。
今回がGPSデビューとなった山本は、コンビネーションジャンプでミスがあったものの、全体の出来は良かった。何よりこの大きな舞台に立てるまでに回復してきたことが素晴らしい。
6位スタートとなりフリーは第2グループで滑ることが出来る。
佐藤はジャンプのミスが相次いで点を伸ばすことが出来なかった。10位と出遅れた格好だが、同じぐらいの点数で固まっているのでフリーでの巻き返しは可能だ。

posted by お千代 at 22:25| 宮城 🌁| Comment(0) | その他のスポーツ | 更新情報をチェックする